東京大学大学院 情報学環・学際情報学府 The University of Tokyo III / GSII

教育Education

アジア情報社会コース ITASIA program

情報化時代のアジアを理解するための革新的なアプローチDeveloping fresh approaches to the understanding of Asia in the information age

アジア情報社会コース(ITASIA)は、情報学環と東洋文化研究所の協力に基づいて、学際情報学府・学際情報学専攻に設置されました。
情報通信技術の発達に大きな影響を受けている現代アジアの社会や文化、メディアやコミュニケーション、国際関係に対する分析力と洞察力の養成を目指した教育を行っています。

アジア情報社会コースは、留学生、日本人を問わず、アジアや世界の舞台で専門的職業人として活躍することを志す学生を対象としています。すべての教育は英語で行われ、日本語能力は前提とされません。学年は10月から始まります。

修士課程は、グローバル化するアジアにおける変容する政治的・経済的・社会的現実を把握できるよう、メディア研究やコミュニケーション研究、情報学、そして関連する方法論や技能を通じて学生を訓練します。修了後はそれぞれの専門分野で適切な判断や提言を行えるようになることが期待されます。行政、メディア、実業、研究教育機関への就職や進学を考えている学生を対象としています。

博士課程は、アジア研究および情報学研究における高水準の研究者・専門家の養成を目的としています。文理にわたる広範な知識とともに、政治学、経済学、社会学、メディア研究、文化研究その他の社会科学における先端的な研究に必要な調査研究法と理論的分析能力の修得を目指しています。

本コースの修士課程修了者には「修士(学際情報学)」の学位が授与されます。また、博士課程修了者には「博士(学際情報学)」の学位が授与されます。

In 2008, the University of Tokyo launched a new International Master’s/Doctoral Degree Program: Information, Technology, and Society in Asia (ITASIA) at the GSII, based on the cooperation of the III and the Institute for Advanced Studies on Asia. This program offers intensive graduate level education designed to foster analytical strength and insight into Asian societies and international relations, at a time when ICT is having an increasingly profound impact on the region.

The program is tailored to both international and Japanese students who are motivated to pursue active professional careers on the regional and global stages. All instruction is conducted in English, so proficiency in Japanese is not a prerequisite. The academic year at ITASIA begins in October.

Students in the M.A.S. program are trained to grasp changing political, economic, and social realities of globalizing Asia through media, communication, and information studies together with the related methodology and skills, so that after graduation they can make appropriate judgments and recommendations in their respective professional environments. The M.A.S. program is appropriate for those interested in pursuing careers in public administration, media, business, and academic institutions. The Ph.D. program is intended to produce high-level researchers and professionals in the fields of Asian studies and information studies. Students will acquire a broad-based knowledge of arts and sciences, as well as expertise in the investigative techniques and theoretical analysis required for advanced research in politics, economics, media studies, and other social sciences.

Successful completion of this course leads to the awarding of a degree with the title “M.A.S. (Interdisciplinary Information Studies)” or “Ph.D. (Interdisciplinary Information Studies)”.

アジア情報社会の4つの柱4 Main Areas of the ITASIA Program

img_course_itasia


コース担当教員Faculty Who Teach in This Course/Program

赤座 英之AKAZA, Hideyuki

アジアから世界のがんを変えていく:グローバル化時代のアジア癌情報基盤構築

Profile Lab Website

原田 至郎HARADA, Shiro

コンピュータと国際政治Computing & International Politics

Profile Lab Website

橋元 良明HASHIMOTO, Yoshiaki

情報社会心理学Information Socio-Psychology

Profile Lab Website

林 香里HAYASHI, Kaori

ジャーナリズム研究、マスメディア研究Mass Media and Journalism Studies Comparative Media Studies: Reports on Fukushima

Profile Lab Website

池亀 彩IKEGAME, Aya

主権の人類学・南アジアの宗教と政治・差別の比較研究

Profile

KARLIN, Jason G.KARLIN, Jason G.

ジェンダー論、メディア表象学Gender and Media Studies

Profile Lab Website

北田 暁大KITADA, Akihiro

メディアの社会学Media Sociology

Profile

李 賢鮮LEE, Hyunsun

Migration and Welfare state

Profile

松田 康博MATSUDA, Yasuhiro

東アジアの政治と国際関係International Relations in East Asia

Profile Lab Website

水越 伸MIZUKOSHI, Shin

ソシオ・メディア論Socio-Media Studies

Profile Lab Website

大口 敬OGUCHI, Takashi

交通制御工学

Profile

佐倉 統SAKURA, Osamu

進化生態情報学Evolutionary Biology and Science Communication

Profile Lab Website

園田 茂人SONODA, Shigeto

「動くアジア」の比較社会学Comparative Sociology and Asian Studies

Profile Lab Website

須藤 修SUDOH, Osamu

ソーシャル・イノベーションとICT 次世代eサービスとイノベーションSocial Innovation and Information/Communication Technology The Next Generation e-Service and Innovation

Profile

田中 明彦TANAKA, Akihiko

国際政治と情報International Politics and Information

Profile Lab Website

田中 秀幸TANAKA, Hideyuki

ネットワーク経済、情報経済 ネットワーク社会のソーシャル/ビジネス・エコシステムNetwork Economics

Profile Lab Website

山口 いつ子YAMAGUCHI,Itsuko

情報法・政策、表現の自由、プライバシー、知的財産Information Law and Policy, Freedom of Expression, Privacy, Intellectual Property

Profile

山内 祐平YAMAUCHI, Yuhei

学習環境デザインDesign of the Learning Environment

Profile Lab Website

吉見 俊哉YOSHIMI, Shunya

社会学、文化研究、メディア研究Media and Cultural Studies

Profile Lab Website
=基幹・流動
=学内兼担・授業担当
=特任・非常勤