東京大学大学院 情報学環・学際情報学府 The University of Tokyo III / GSII

学環・学府とはAbout

紀要・出版物 Bulletin & Publications

情報学環では定期刊行物を出版しています。社会情報研究所との組織統合後は、社会情報研究所で出版されていた定期刊行物と情報学環が出版してきた定期刊行物を統合し、新たな編集と出版の体制を整備しています。その中軸となるのは、紀要、ニューズレター、年報、研究叢書です。これらはいずれも情報学環にとって基幹的な出版活動であり、相互に役割を分担しながら有機的に結びついています。

The III publishes a number of periodicals. At the time of the merger between the III and ISICS, the publications of the two institutions were consolidated and placed under a new editorial/publishing structure. The main publications are the Journal of Information Studies, Newsletter, Annual Report, and the III Book Series. Each publication has its own function while also being linked to the others as elements in the unified publishing activity of the III.

情報学環の「研究紀要」です。情報学環の教員や学際情報学府の学生達による理論的・批判的考察を中心とした研究成果の書下ろし論文を掲載しています。また、情報学環が主催・共催したシンポジウムの講演・報告等も掲載します。

This journal contains mostly theoretical and critical research papers written by faculty members of the III and students enrolled in the GSII. Most of these are in Japanese (although English abstracts are provided). Reports on symposia and other events taking place at the III are also published in this journal.

Latest IssueNo.103(Oct 2022)
全文ダウンロード しおりが付いています。Adobe Readerでご覧ください。
2 MB
思考の環Opening essay
丹羽 美之Yoshiyuki Niwa
「聴診器」としてのテレビTelevision as a“ Stethoscope”
1 MB
査読研究論文Refereed Papers
稲葉 あや香Ayaka Inaba
インターネット上での日系アメリカ人収容の集合的記憶-日系人収容所「巡礼」のオンライン化を事例にCollective Memory of Japanese American Internment on the Internet: A Case Study on the Digitization of "Pilgrimage" to Japanese American Internment Camps
1 MB
柳 志旼Jimmine Yoo
令和時代のCMを研究すること-CMアーカイブの現状と課題を中心にStudying Advertising of the Reiwa Era: Focusing on the Current Status and Issues of TV Advertising Archives
1 MB
フィールド・レビューField Review
久野 愛Ai Hisano
五感で読み解く資本主義—感覚史研究の可能性Capitalism and the Senses: Perspectives on Sensory History
1 MB

Latest IssueNo. 38 (2022年3月)
全文ダウンロード しおりが付いています。Adobe Readerでご覧ください。
6 MB
石橋 真帆、関谷 直也ISHIBASHI, Maho SEKIYA, Naoya
2020年新型コロナウイルス感染拡大初期における情報流通と流言流布の実態Media Consumption and Rumor Spread at the Early Stage of the COVID-19 Pandemic
5 MB
安本 真也、関谷 直也YASUMOTO, Shinya SEKIYA, Naoya
火山噴火に対する意識:「登山者」と首都圏住民へのアンケート調査をもとにAwareness about Volcanic Eruptions : Based on a Questionnaire Survey of "Mountaineers" and Residents of the Tokyo Metropolitan Area
2 MB

情報学環・学際情報学府の概要を伝えるための小さな正方形サイズのパンフレットです。研究・教育組織としてのコンセプト、各コースと情報学環教育部、研究分野とキーワード、入試情報、アクセスについてまとめています。

This pamphlet is a concise introduction to the aims, organizational structure, and activities of the Interfaculty Initiative in Information Studies (III) and the Graduate School in Interdisciplinary Information Studies (GSII).

2020年4月(April 2020)
CONCEPT / コンセプト
EDUCATION / 教育
RESEARCH / 研究
ADMISSIONS / 入試
ACCESS & FACILITIES / アクセス&施設
5 MB

情報学環・学際情報学府の活動報告と情報交換の場です。日々の活動を学内外の方々により広く知っていただくために、年2回発行しています。教員のインタビュー、研究室の活動、シンポジウムの報告、イベントの予定、受賞報告、展示会案内、書籍刊行など、盛りだくさんの情報を掲載しています。

This quarterly publication contains information and news articles about activities happening at the III and GSII. Its purpose is to publicize these activities to a wider audience. Diverse contents include faculty interviews, news on research activities, reports of symposia, announcements of upcoming events and publications, and news about prizes received.

No. 59 2022 Fall
INTERVIEW: 吉見俊哉教授
NEWS
・東京大学制作展Extra 2022/Emulsion
・「ウクライナ・衛星画像マップ」プロジェクト
・講談社・メディアドゥ 新しい本寄附講座」発足記念シンポジウム
・東京大学筧研究室・細尾・ZOZO NEXTの共同研究プロジェクト”Ambient Weaving”が「STARTS Prize 2022」栄誉賞を受賞
・「今更聞けない、でも知りたい!学府生活の疑問」アンケート実施
437 KB

この情報学環・学際情報学府の統合報告書『III IR×IR×IR』は、東京大学全学の 統合報告書と同様に、情報学環・学際情報学府の研究や教育、社会連携の情報と財務情報を 有機的に結びつけ、特に、教員が取り組む産学連携プロジェクトを紹介し、 未来社会に向けて産学で協創するあらゆる方法を紹介するための年次報告書です。

The “III IR x IR x IR” of the Graduate School of Interdisciplinary Information Studies and Interdisciplinary Initiative in Information Studies, like the similarly named “IR x IR x IR” of the University of Tokyo, aims to organically link information on research, education, and social collaboration with financial information and to introduce all the ways we are collaborating to co-create a future society, especially show-casing industry-academia collaborations advanced by our faculty members.

東京大学大学院 情報学環・学際情報学府 統合報告書(III IR x IR x IR 2022)
P.02 『III IR×IR×IR』について
P.04 目次
P.06 学環長からのメッセージ
P.08 情報学環と学際情報学府
P.10 情報学環との連携
P.12 Project 01 NTTドコモ×中尾彰宏教授
P.14 Project 02 マイナビ×山内祐平教授
P.16 Project 03 帝国データバンク×渡邉英徳教授
P.18 Project 04 日本IBM×須藤修名誉教授・中尾彰宏教授
P.20 Project 05 千葉市×大庭幸治准教授
P.22 Project 06 ソフトバンク×林香里教授
P.24 学際情報学府のプログラム
P.26 研究テーマと教員
P.28 データで見る情報学環・学際情報学府
10 MB

No.48(2020)
9 MB