東京大学大学院 情報学環・学際情報学府 The University of Tokyo III / GSII

教育Education

総合分析情報学コース Applied computer science course

分析情報学に基づくユビキタス社会基盤の構想Developing social infrastructures based on ubiquitous computing and information analysis

総合分析情報学コースは、ユビキタス情報社会時代に適合したICT分野の新しい研究と人材育成を目標にしています。

コンピュータ・アーキテクチャやソフトウェア工学などのコンピュータ・サイエンスやコンピュータ・ネットワークをベースとして、ユビキタス・コンピューティング技術、組込みコンピュータ技術、オーバーレイ・ネットワーク技術、次世代インターネット技術を扱い、これらの技術によって取得された実世界や仮想世界の様々な情報をデジタルデータとして流通させて状況認識を行い、さらにそれを実社会で有効に活用するための高度な情報分析手法を実践します。

具体的にはオブジェクト・トレーサビリテイ、医薬品情報学、空間情報認識などのユビキタス・コンピューティングの応用やコンピュータ・ネットワーク上の各種情報の断片の集合からコンピュータ・ネットワーク・システムの脆弱性や防御策を明らかにする手法、さらに人工衛星や航空機に掲載された合成開口レーダー等から得られる膨大なデジタル情報を利用した情報解析、それに基づく災害予知や普及、あるいはセンサーネットや新世代のインターネット・ネットワークサービス、複合現実感、分散システム技術、食品トレーサビリティ、社会資本管理、自律移動支援技術などを研究し教育します。

こうした現実社会に深く関わる技術課題とともにそれを支える社会制度までにも興味を持ち、膨大な情報を活用して確固たる決断を下すことが可能な人材、分析情報学および計算機科学の研究者を育成します。

本コースの修士課程修了者には「修士(学際情報学)」の学位が授与されます。また、博士課程修了者には「博士(学際情報学)」の学位が授与されます。

詳細は総合分析情報学コースのページもご覧ください。

The Applied Computer Science Course aims to promote research and education in the ICT field in accordance with the age of the ubiquitous information society.

This course is concerned principally with the technology of ubiquitous and embedded computing, spatial information science, overlay networks, and next-generation Internet services. It seeks to develop methods for the acquisition and distribution of various forms of real-world and virtual information as digital data. It also pursues practical approaches to information analysis whereby the digital information provided by these methods can be applied effectively in society.

Topics studied in this course include applications of ubiquitous computing, such as object traceability, drug informatics, and spatial information science. In addition, research is being carried out on methods for clarifying vulnerabilities in network systems and defensive strategies. Finally, work is also under way on methods for the analysis of large quantities of data (such as that derived from observation satellites), disaster warning systems, sensor networks, next-generation internet services, complex reality, wide-area distributed systems, food traceability, the management of social capital, and mobility support.

This course seeks to train experts with an interest not only in the practical application of technology, but also in the social systems needed to support these technologies, with the ability to make appropriate judgements based on large quantities of data.

Successful completion of this course leads to the awarding of a degree with the title “M.A.S. (Interdisciplinary Information Studies)” or “Ph.D. (Interdisciplinary Information Studies)”.

For more information, please see the Applied Computer Science Course website.

総合分析情報学の3つの柱3 Main Areas of ACS

img_course_appli


コース担当教員Faculty Who Teach in This Course/Program

浅見 泰司ASAMI, Yasushi

都市空間情報解析Spatial Information Science

Profile Lab Website

堀 里子HORI, Satoko

医薬品情報学Drug Informatics

Profile

石川 徹ISHIKAWA, Toru

空間の認知・心理・行動Spatial Cognition and Behavior, Spatial Information Science

Profile Lab Website

伊東 乾ITO, Ken

作曲=指揮、時空間イメージの創造・創出Musical Art and its Cognitive Basis

Profile Lab Website

金子 知適KANEKO, Tomoyuki

ゲームプログラミングと人工知能:緻密な計算と大局観との調和

Profile Lab Website

越塚 登KOSHIZUKA, Noboru

ユビキタスコンピューティングUbiquitous Computing, Analytical Information Science

Profile Lab Website

三宅 弘恵MIYAKE, Hiroe

将来の地震の揺れの予測 ー災害情報を用いて地震ハザード・リスクに立ち向かう

Profile

中尾 彰宏NAKAO, Akihiro

Computer NetworksComputer Networks

Profile Lab Website

暦本 純一REKIMOTO,Junichi

実世界指向インタフェース

Profile Lab Website

清水 謙多郎SHIMIZU, Kentaro

生物情報科学Prediction of protein interactions, Protein structure prediction, Protein fuction prediction

Profile Lab Website

鷹野 澄TAKANO, Kiyoshi

情報地震学、防災情報システムInformation Seismology, Disaster Prevention Information Systems

Profile Lab Website

露木 聡TSUYUKI, Satoshi

空から森林を見ていますObserving forest from space

Profile Lab Website

植田 一博UEDA, Kazuhiro

人と社会の知能を科学するScience of Human and Social Intelligence

Profile Lab Website
=基幹・流動
=学内兼担・授業担当
=特任・非常勤