東京大学大学院 情報学環・学際情報学府 The University of Tokyo III / GSII

ニュース News

February 5, 2020

統合報告書 III IR x IR (2019年度版)の発行についてPublication of Integrated Report x Institutional Research (III IR x IR )

このたび、東京大学大学院 情報学環・学際情報学府 では、統合報告書 2020 (2019年度の報告)を発行致しました。

この情報学環・学際情報学府の統合報告書『III IR×IR』は、東京大学全学の 統合報告書と同様に、情報学環・学際情報学府の研究や教育、社会連携の情報と財務情報を 有機的に結びつけ、特に、教員が取り組む産学連携プロジェクトを紹介し、 未来社会に向けて産学で協創するあらゆる方法を紹介するための年次報告書です。

今後、情報学環・学際情報学府では、産学連携による未来社会の協創を積極的に進めるため、各年度の活動内容を、III IR×IRとしてみなさまに報告する予定です。


東京大学大学院 情報学環・学際情報学府 統合報告書(III IR x IR 2020)
(発行:情報学環・IR委員会)

 

注記: p12 文中にて「大容量データの収集も始める予定」の部分は、2019年の取材時点の予定であり、実際は既に2019年11月に実施完了し、報道発表後、2020年のNTTドコモオープンハウスで展示済みである。

We have published “III IR x IR 2020”, integrated report and institutional research of fiscal year 2019.

“III IR × IR” of the Graduate School of Interdisciplinary Information Studies and Interdisciplinary Initiative in Information Studies, as well as IR x IR of the University of Tokyo, aim to organically link the information on research, education, social collaboration, and financial information and to introduce all the ways of collaboration with us to co-create future society, especially show-casing industry-academia collaborations that our faculty members put forth.

We will annually report the activities of each fiscal year  to promote co-creation of future society through industry-academia collaboration.

 


III IR x IR 2020 III’s Integrated Report and Institutional Research
(published by IR committee)

 
 
Note: On P12, regarding the description that we plan to collect a large volume of data in 2020, it was the plan as of the time of the article interview. We have already conducted the experiment in November, 2019. and presented the result at NTT Docomo Open House 2020.