東京大学大学院 情報学環・学際情報学府 The University of Tokyo III / GSII

ニュース News

March 9, 2018

ディペシュ・カレルさんが「総長賞」を授賞Dr. Dipesh Kharel received the "University of Tokyo President's Award"

このたび、ITASIAを今年度卒業されたDipesh Kharelさんが総長賞を受賞されました。

平成29年度学生表彰「東京大学総長賞」の選考結果・授与式について

「優れた博士論文、およびそのもととなる映像データ作品の双方で数々の賞を受賞。さらにネパールと日本の間の架け橋となって広く社会貢献を成し遂げた業績を讃えて」の受賞です。博士論文では、特に映像人類学の手法によって移民研究にアプローチした点の新しさが評価を受けました。
Kharelさんの栄誉を讃えますとともに、指導教員の東洋文化研究所名和克郎先生におかれましても、心よりお慶び申し上げます。

林香里(教授、ITASIAコース長)

Dr. Dipesh Kharel, who graduated from the GSII ITASIA Ph.D. Program in September 2017, was awarded the 2018 University of Tokyo President’s Award for his excellent dissertation as well as his unrelenting effort to create bridges between Nepal and Japan with his award-winning documentary film “Playing with Nan”. The dissertation was especially evaluated for its novel application of the methodology of visual anthropology to migration studies. 

We congratulate Dr. Kharel as well as his supervisor, Professor Katsuo Nawa.

Kaori Hayashi (Professor and Director of ITASIA Program)