東京大学大学院 情報学環・学際情報学府 The University of Tokyo III / GSII

学環・学府とはAbout

紀要・出版物 Bulletin & Publications

情報学環では定期刊行物を出版しています。社会情報研究所との組織統合後は、社会情報研究所で出版されていた定期刊行物と情報学環が出版してきた定期刊行物を統合し、新たな編集と出版の体制を整備しています。その中軸となるのは、紀要、ニューズレター、年報、研究叢書です。これらはいずれも情報学環にとって基幹的な出版活動であり、相互に役割を分担しながら有機的に結びついています。

The III publishes a number of periodicals. At the time of the merger between the III and ISICS, the publications of the two institutions were consolidated and placed under a new editorial/publishing structure. The main publications are the Journal of Information Studies, Newsletter, Annual Report, and the III Book Series. Each publication has its own function while also being linked to the others as elements in the unified publishing activity of the III.

情報学環の「研究紀要」です。情報学環の教員や学際情報学府の学生達による理論的・批判的考察を中心とした研究成果の書下ろし論文を掲載しています。また、情報学環が主催・共催したシンポジウムの講演・報告等も掲載します。

This journal contains mostly theoretical and critical research papers written by faculty members of the III and students enrolled in the GSII. Most of these are in Japanese (although English abstracts are provided). Reports on symposia and other events taking place at the III are also published in this journal.

Latest IssueNo.96(March 2019)
全文ダウンロード しおりが付いています。Adobe Readerでご覧ください。
3 MB
思考の環Opening essay
渡邉 英徳Hidenori Watanabe
「記憶の解凍」―資料の“フロー” 化とコミュニケーションの創発による記憶の継承―“Rebooting Memories” Memory Inheritance Based on Communication Emerged by FLOWING Records
872 KB
教員研究論文Faculty Papers
石田 英敬Hidetaka Ishida
「情報記号論」講義 ―総括と展望―A Course in Information Semiotics : Synthesis and Perspective
1 MB
木原 圭翔Keisho Kihara
『檻の中』(1957)における単純さの追求  ―和田勉と飯島正によるテレビの〈発明〉―The Simplicity in the Inside of a Cage(1957): the “Invention” of Television by Ben Wada and Tadashi Iijima
940 KB
査読研究論文Refereed Papers
三宅 講太朗Kotaro Miyake
医療IT化による医療の質と生産性に与える影響の研究 ―国立病院機構病院における実証分析―IT Utilization Impact on Health Care Quality and Productivity: Empirical Analysis on National Hospital Organizations
947 KB
李 承京Seung-kyung Lee
昭和初期の『婦人倶楽部』の連載小説における女性の教養と職業 ―鶴見祐輔作「母」(1929)を例として―Women's Cultural Education and Occupation in Serial Novels in the Early Showa Period : Focusing on Mother by Turumi Yusuke(1929)
917 KB
薛 欣怡Hsinyi Hsueh
個人レベルのソーシャル・キャピタルの視点から見た復旧・復興過程研究の論点整理:高齢者に焦点をあてて.A Review of Post-Disaster Recovery and Reconstruction for the Elderly from the Individual Social Capital Perspective
887 KB
陳 海茵Haiyin Chen
政治転換期中国におけるインディペンデントキュレーターの実践The Social Practices of Independent Chinese Curators in the Post-Mao Era
967 KB
Tommaso Barbetta
Is My Car Evil? A Review of Non-Anthropocentric Theories of Moral Agency
514 KB
フィールド・レビューField Review
筧 康明Yasuaki Kakehi
即興的モノづくりのためのインタラクティブなファブリケーション技術Interactive Fabrication Technologies for Improvisational Prototyping
659 KB

Latest IssueNo. 35 (2019年3月)
全文ダウンロード しおりが付いています。Adobe Readerでご覧ください。
14 MB
橋元 良明、大野 志郎、天野 美穂子、吉田 一揮HASHIMOTO, Yoshiaki OHNO, Shiroh AMANO, Mihoko YOSHIDA, Kazuki
タイプ別にみたネット依存傾向者と脱却者の分析Survey on Internet Addicts and Recovered Persons: Analysis by Application Types
8 MB
橋元 良明、久保 隅綾、 大野 志郎HASHIMOTO, Yoshiaki KUBOSUMI, Aya OHNO, Shiroh
育児とICT―乳幼児のスマホ依存、育児中のデジタル機器利用、育児ストレスThe Role and Problem of ICT in Parenting
4 MB
塚常 健太、大戸 朋子、 橋元 良明TSUKATSUNE, Kenta OTO, Tomoko HASHIMOTO, Yoshiaki
親同士の友人グループへの参加実態Survey on Participation in a Friends Group of Parents
1 MB
天野 美穂子、橋元 良明AMANO, Mihoko HASHIMOTO, Yoshiaki
東京圏における電車内の情報行動と車内広告の効果Survey on Information Behavior and the Effects of Advertising in Trains
2 MB

情報学環・学際情報学府の概要を伝えるための小さな正方形サイズのパンフレットです。研究・教育組織としてのコンセプト、各コースと情報学環教育部、研究分野とキーワード、入試情報、アクセスについてまとめています。

This pamphlet is a concise introduction to the aims, organizational structure, and activities of the Interfaculty Initiative in Information Studies (III) and the Graduate School in Interdisciplinary Information Studies (GSII).

2018年5月(May 2018)
CONCEPT / コンセプト
EDUCATION / 教育
RESEARCH / 研究
ADMISSIONS / 入試
ACCESS & FACILITIES / アクセス&施設
6 MB

情報学環・学際情報学府の活動報告と情報交換の場です。日々の活動を学内外の方々により広く知っていただくために、年2回発行しています。教員のインタビュー、研究室の活動、シンポジウムの報告、イベントの予定、受賞報告、展示会案内、書籍刊行など、盛りだくさんの情報を掲載しています。

This quarterly publication contains information and news articles about activities happening at the III and GSII. Its purpose is to publicize these activities to a wider audience. Diverse contents include faculty interviews, news on research activities, reports of symposia, announcements of upcoming events and publications, and news about prizes received.

No.52 2019 Spring
INTERVIEW: 関谷直也 准教授
NEWS
・高校生のためのオープンキャンパス
・挑戦!ロボットプログラミング!
・留学生旅行「小千谷市 牛の角突き観戦」
・日韓台シンポジウム「RISK, MEMORY AND DEMOCRACY」
・広島テレビ新社屋「記憶の解答」展覧会
・石田英敬教授 最終講義
3 MB

最新号 No.44(2017年08月)
New : No.44(August 2017)
17 MB