東京大学大学院 情報学環・学際情報学府 The University of Tokyo III / GSII

学環・学府とはAbout

紀要・出版物 Bulletin & Publications

情報学環では定期刊行物を出版しています。社会情報研究所との組織統合後は、社会情報研究所で出版されていた定期刊行物と情報学環が出版してきた定期刊行物を統合し、新たな編集と出版の体制を整備しています。その中軸となるのは、紀要、ニューズレター、年報、研究叢書です。これらはいずれも情報学環にとって基幹的な出版活動であり、相互に役割を分担しながら有機的に結びついています。

The III publishes a number of periodicals. At the time of the merger between the III and ISICS, the publications of the two institutions were consolidated and placed under a new editorial/publishing structure. The main publications are the Journal of Information Studies, Newsletter, Annual Report, and the III Book Series. Each publication has its own function while also being linked to the others as elements in the unified publishing activity of the III.

情報学環の「研究紀要」です。情報学環の教員や学際情報学府の学生達による理論的・批判的考察を中心とした研究成果の書下ろし論文を掲載しています。また、情報学環が主催・共催したシンポジウムの講演・報告等も掲載します。

This journal contains mostly theoretical and critical research papers written by faculty members of the III and students enrolled in the GSII. Most of these are in Japanese (although English abstracts are provided). Reports on symposia and other events taking place at the III are also published in this journal.

Latest IssueNo.100(March 2021)
全文ダウンロード しおりが付いています。Adobe Readerでご覧ください。
6 MB
思考の環Opening essay
越塚 登Noboru Koshizuka
学際という危険を冒す勇気The Courage to Take the Risk of Interdisciplinarity
1 MB
教員研究論文Faculty Papers
佐倉 統Osamu Sakura
研究業績とは何(であるべき)か?How is (or Should) the Performance of Academic Researchers (be) Evaluated?
1 MB
暦本 純一Jun Rekimoto
人間拡張が築く未来The Prospect for Human Augmentation Technologies
2 MB
山口 いつ子Itsuko Yamaguchi
The Rise of “Global Information Law”: Centennial Perspectives on the Conceptualization of Japanese Information Law
1 MB
神谷 説子Setsuko Kamiya
Japanese Lay Judge Courtroom Design: The Effect of Civic Participation on Trial Participants
3 MB
松原 妙華Taeka Matsubara
ICTで進化するローカルメディアと「公衆の知る権利」-西日本新聞“あなたの特命取材班”における読者の「知りたい」に応える取り組み-Local Media Evolving with ICT and the Public’s Right to Know:The Nishinippon Shimbun’s “Your Special Mission Report Team” Collaboration Effort
1 MB
査読研究論文Refereed Papers
的場 大輔Daisuke Matoba
チャットボットとトークルームによる 子育てコミュニケーション形成の可能性Enabling Communication for Parents with Childcare Responsibilities with Chatbots and “Talk Rooms
2 MB
三宅 講太朗Kotaro Miyake
医療の質の改善が病院における生産性に及ぼす影響の研究Improving Health Care Quality Impact on Productivity in Clinical Situations
1 MB
フィールド・レビューField Review
関谷 直也Naoya Sekiya
コロナと広告Advertising with COVID-19
1 MB
Appendix
紀要100号のあゆみThe History of Bulletin No. 100
1 MB

Latest IssueNo. 37 (2021年3月)
全文ダウンロード しおりが付いています。Adobe Readerでご覧ください。
14 MB
石橋 真帆、安本 真也、朱 沁怡、岩崎 雅宏、関谷 直也ISHIBASHI, Maho YASUMOTO, Shinya ZHU, Qinyi IWASAKI, Masahiro SEKIYA, Naoya
2020年新型コロナウイルス感染症拡大初期の情報行動と社会心理Information Behavior and Social Psychology at an Early Stage of the COVID-19 Pandemic in 2020
3 MB
安本 真也、河井 大介、齋藤さやか、関谷 直也YASUMOTO, Shinya KAWAI, Daisuke SAITO, Sayaka SEKIYA, Naoya
パネル調査に基づくドラマ「パラレル東京」の効果―首都直下地震への対策―Measuring the Effectiveness of Media Campaigns on How to Prepare for an Earthquake Directly Hitting Tokyo from a Panel Survey
5 MB
安本 真也、横田  崇、牛山 素行、石黒 聡士、関谷 直也YASUMOTO, Shinya YOKOTA, Takashi USHIYAMA, Motoyuki ISHIGURO, Satoshi SEKIYA, Naoya
平成30年7月豪雨における災害情報と住民の避難行動Problems of Mitigative Action and Disaster Information and How to Solve Them: the Heavy Rain Event of July 2018
2 MB
関谷 直也、田中  淳SEKIYA, Naoya TANAKA, Atsushi
日本海の地震・津波に関する予知・想定に対する認識に関する調査研究Survey Research on Perceptions about the Prediction and Estimation of Earthquake and Tsunami around the Sea of Japan
3 MB
篠田 詩織、堀川 裕介、天野美穂子、大野 志郎、間形 文彦、藤村 明子、橋元 良明SHINODA, Shiori HORIKAWA, Yusuke AMANO, Mihoko OHNO, Shiroh MAGATA, Fumihiko FUJIMURA, Akiko HASHIMOTO, Yoshiaki
ネット社会の個人情報と信用How Should We Treat Personal Information and Credit Rating Systems in Modern Society?
4 MB
大野 志郎、天野美穂子、橋元 良明、堀川 裕介、篠田 詩織、間形 文彦、藤村 明子OHNO, Shiroh AMANO, Mihoko HASHIMOTO, Yoshiaki HORIKAWA, Yusuke SHINODA, Shiori MAGATA, Fumihiko FUJIMURA, Akiko
ネット社会のコミュニケーションを巡る諸問題Problems of Communication in the Internet Society
2 MB

情報学環・学際情報学府の概要を伝えるための小さな正方形サイズのパンフレットです。研究・教育組織としてのコンセプト、各コースと情報学環教育部、研究分野とキーワード、入試情報、アクセスについてまとめています。

This pamphlet is a concise introduction to the aims, organizational structure, and activities of the Interfaculty Initiative in Information Studies (III) and the Graduate School in Interdisciplinary Information Studies (GSII).

2020年4月(April 2020)
CONCEPT / コンセプト
EDUCATION / 教育
RESEARCH / 研究
ADMISSIONS / 入試
ACCESS & FACILITIES / アクセス&施設
5 MB

情報学環・学際情報学府の活動報告と情報交換の場です。日々の活動を学内外の方々により広く知っていただくために、年2回発行しています。教員のインタビュー、研究室の活動、シンポジウムの報告、イベントの予定、受賞報告、展示会案内、書籍刊行など、盛りだくさんの情報を掲載しています。

This quarterly publication contains information and news articles about activities happening at the III and GSII. Its purpose is to publicize these activities to a wider audience. Diverse contents include faculty interviews, news on research activities, reports of symposia, announcements of upcoming events and publications, and news about prizes received.

No.56 2021 Spring
INTERVIEW: 山内祐平教授
NEWS
・ホームカミングデー「ディスタンス時代における『学際』」
・2020日韓台シンポジウム「Media, Communications, and Information in an Era of Global Crisis」
・東京大学制作展2020「弛む」
・poimo: 持ち運びできるふくらむ乗り物
・2019-2020年度「業務改革総長賞」特別賞受賞
・コロナ禍での災害対応の研究
・東日本大震災とデジタルアーカイブ
・学生向けハッカソン「あそびの未来ファクトリー2021」
2 MB

この情報学環・学際情報学府の統合報告書『III IR×IR×IR』は、東京大学全学の 統合報告書と同様に、情報学環・学際情報学府の研究や教育、社会連携の情報と財務情報を 有機的に結びつけ、特に、教員が取り組む産学連携プロジェクトを紹介し、 未来社会に向けて産学で協創するあらゆる方法を紹介するための年次報告書です。

The “III IR x IR x IR” of the Graduate School of Interdisciplinary Information Studies and Interdisciplinary Initiative in Information Studies, like the similarly named “IR x IR x IR” of the University of Tokyo, aims to organically link information on research, education, and social collaboration with financial information and to introduce all the ways we are collaborating to co-create a future society, especially show-casing industry-academia collaborations advanced by our faculty members.

東京大学大学院 情報学環・学際情報学府 統合報告書(III IR x IR x IR 2021)
P.02 『III IR×IR×IR』について
P.04 目次
P.06 学環長からのメッセージ
P.08 情報学環と学際情報学府
P.10 情報学環との連携
P.12 Project 01 NTTドコモ×中尾彰宏教授
P.14 Project 02 マイナビ×山内祐平教授
P.16 Project 03 帝国データバンク×渡邉英徳教授
P.18 Project 04 日本IBM×須藤修名誉教授・中尾彰宏教授
P.20 Project 05 安藤ハザマ×越塚登教授
P.22 Project 06 千葉市×大庭幸治准教授
P.24 Project 07 ソフトバンク×林香里教授
P.26 学際情報学府のプログラム
P.28 研究テーマと教員
P.30 データで見る情報学環・学際情報学府
10 MB

最新号 No.46(2019年10月)
New : No.46(October 2019)
10 MB