東京大学大学院 情報学環・学際情報学府 The University of Tokyo III / GSII

学環・学府とはAbout

紀要・出版物 Bulletin

情報学環では定期刊行物を出版しています。社会情報研究所との組織統合後は、社会情報研究所で出版されていた定期刊行物と情報学環が出版してきた定期刊行物を統合し、新たな編集と出版の体制を整備しています。その中軸となるのは、紀要、ニューズレター、年報、研究叢書です。これらはいずれも情報学環にとって基幹的な出版活動であり、相互に役割を分担しながら有機的に結びついています。

The III publishes a number of periodicals. At the time of the merger between the III and ISICS, the publications of the two institutions were consolidated and placed under a new editorial/publishing structure. The main publications are the Journal of Information Studies, Newsletter, Annual Report, and the III Book Series. Each publication has its own function while also being linked to the others as elements in the unified publishing activity of the III.

情報学環の「研究紀要」です。情報学環の教員や学際情報学府の学生達による理論的・批判的考察を中心とした研究成果の書下ろし論文を掲載しています。また、情報学環が主催・共催したシンポジウムの講演・報告等も掲載します。

This journal contains mostly theoretical and critical research papers written by faculty members of the III and students enrolled in the GSII. Most of these are in Japanese (although English abstracts are provided). Reports on symposia and other events taking place at the III are also published in this journal.

Latest IssueNo.92(March 2017)
全文ダウンロード しおりが付いています。Adobe Readerでご覧ください。
3 MB
思考の環Opening Essay
山中 俊治Shunji Yamanaka
デザインが先導する未来Design Envisioning the Future
993 KB
教員研究論文Faculty Papers
真鍋 祐子Yuko Manabe
韓国現代史における「記念日」の創造 ―「記憶の闘争」をめぐって―The Creation of “Anniversaries” in Modern Korean History: A “Struggle over Memory”
2 MB
阿部 卓也、加藤 諭、木村 拓、谷島 貫太、冨澤 かな、宮本 隆史Takuya Abe, Satoshi Kato, Taku Kimura, Kanta Tanishima, Kana Tomizawa, Takashi Miyamoto
アジア・環太平洋地域のナショナルデジタルアーカイブ政策 ―文化資源の統合と連携の諸相―Digital Archiving Policies in the Asia-Pacific States: Some Aspects of Integration and Linkage of Cultural Resource Information
2 MB
査読研究論文Refereed Papers
潘 夢斐Mengfei PAN
Documenting and Mediating The Museum: A Case Study of the Documentary Film, Our Museum
811 KB
王 楽Le Wang
満洲映画の上映に関する考察 ―満洲国農村部の巡回映写活動を中心に―An Examination of the Exhibition of Manchurian Films: Focusing on Mobile Film Projection Activities in Manchukuo’s Rural Area
989 KB
澁谷 遊野Yuya Shibuya
災害リスクガバナンスの観点からの災害関連ICTシステムの先行研究レビュー ―レジリエントなコミュニティづくりのための適応的・統合的アプローチに着目して―A Review of Disaster ICT System in the Context of Disaster Risk Governance: Toward Adaptive and Integrated Approach to Build Resilient Communities
752 KB
フィールド・レビューField Review
露木 聡Satoshi Tsuyuki
地球温暖化対策のために森林の立体構造を把握するとは?Why We Need to Know 3D Structure of Forest for Preventing Global Warming?
752 KB

Latest IssueNo. 33 (2017年3月)
全文ダウンロード しおりが付いています。Adobe Readerでご覧ください。
11 MB
野澤 俊介、難波 阿丹、難波 純也、仁井田 千絵、近藤 和都NOZAWA, Shunsuke NAMBA, Anni NAMBA, Junya NIITA,Chie KONDO, Kazuto
情動の出来事性―インターフェイス・ライブ性・交感―Events of Affect: Interface, Liveness, and Phaticity
1 MB
橋元 良明、小笠原 盛浩、河井 大介、長濱 憲、吉田 航HASHIMOTO, Yoshiaki OGASAHARA, Morihiro KAWAI, Daisuke NAGAHAMA, Ken YOSHIDA, Wataru
2016年参議院選挙における投票行動 ―選挙年齢引き下げで若者はどう対峙したかSurvey on the Information Behavior of Teenagers during the 2016 House of Councillors Election Campaign
4 MB
橋元 良明、河井 大介、橋田 浩一HASHIMOTO, Yoshiaki KAWAI, Daisuke HASHIDA, Koiti
医療・健康情報を中心とする個人情報提供に関する寛容度と不安 ―日米独3国国際比較調査Survey on the Attitude toward the Provision of Personal Information : Cross-National Comparison among Japan, the United States and Germany
3 MB
橋元 良明、大野 志郎、天野 美穂子、堀川 裕介HASHIMOTO, Yoshiaki OHNO, Shiroh AMANO, Mihoko HORIKAWA, Yusuke
横浜市中学生ネット依存調査Survey on Internet Addiction among Junior High Students in Yokohama City
3 MB
作間 敦、柏田 すみれ、荒木 優弥、松尾 一郎、関谷 直也SAKUMA, Atsushi KASHIWADA, Sumire ARAKI, Masaya MATSUO, Ichiro SEKIYA, Naoya
平成27年9月関東・東北豪雨における常総市の情報伝達と避難行動The Problem of Information Dissemination and Evacuation Behavior in Joso City under Kanto-Tohoku Heavy Rainfall Disaster in September 2015
2 MB
田中 淳、小林 秀行TANAKA, Atsushi KOBAYASHI, Hideyuki
地震災害は現在バイアスを強めるか-熊本地震災害を事例としてMay Disaster Strengthen the Present Bias? :A Case Study of the Kumamoto Earthquake
1 MB

情報学環・学際情報学府の活動報告と情報交換の場です。日々の活動を学内外の方々により広く知っていただくために、年2回発行しています。教員のインタビュー、研究室の活動、シンポジウムの報告、イベントの予定、受賞報告、展示会案内、書籍刊行など、盛りだくさんの情報を掲載しています。

This quarterly publication contains information and news articles about activities happening at the III and GSII. Its purpose is to publicize these activities to a wider audience. Diverse contents include faculty interviews, news on research activities, reports of symposia, announcements of upcoming events and publications, and news about prizes received.

No.48 2017 Spring
INTERVIEW: 金子知適 准教授
Topics
・東京大学制作展2016「FAKE FUTURE」
・東大(UT)+政大(NCCU)国際共同シンポジウム
News
・情報学環ホームカミングデイ2016
・日韓共同国際シンポジウム20周年
・留学生旅行「皇居・日本民家園ツアー」
・HCI Openlabs & AUI 2016
・高校生のための東京大学オープンキャンパス2016
Book
2 MB

最新号 No.43(2016年03月)
New : No.43(March 2016)
13 MB