東京大学大学院 情報学環・学際情報学府 The University of Tokyo III / GSII

研究Research

May 31, 2018

アジア情報学 コース 10周年とウェブサイトリニューアルThe 10th Anniversary of the ITASIA Program and Website Redesign

学際情報学府「アジア情報学コース(ITASIA Program)」は、今年で設立10周年を迎えました。本コースは、東京大学のなかでも初期に設置された英語による大学院プログラムのひとつとして、これまで大学カリキュラムのグローバル化において主導的な役割を果たしてきました。

この10年の間に入学した学生は、25カ国以上から修士課程96名、博士課程37名にのぼります。修士課程修了者の多くは企業に就職し、他国の主要大学において博士課程へ進学した者もいます。これまでに本コースの博士課程を修了し、各分野をリードする研究者への道を歩み始めた者は8名。教職員共々とても嬉しく、誇りに思っています。

アジア情報学コースへの出願数は年々増加しており、今後もより一層の発展が期待されています。この10年間、アジア情報学コースをコミュニケーションやメディア、国際関係などをめぐるユニークな学際研究の場に作り上げてくれた学生たちに心より感謝いたします。

10周年記念を機に、アジア情報学コースのウェブサイトがリニューアルされました。リニューアルにあたり佐倉統前学環長、およびトップページのドローン撮影による動画を提供下さった中尾彰宏先生に感謝申し上げます。

アジア情報学コース ウェブサイト

記事:ジェイソン・G・カーリン(准教授)
翻訳:鳥海希世子(特任助教)

This year marks 10 years since the establishment of the “Information, Technology, and Society” (ITASIA) Program in the Graduate School of Interdisciplinary Information Studies (GSII) at the University of Tokyo. As one of the first English-language graduate programs at the University of Tokyo, the ITASIA Program has played a leading role in the globalization of the university curriculum.

In its 10 years, the ITASIA Program has admitted 96 Master’s degree program students and 37 Ph.D. students from over 25 different countries. While many of our Master’s students have gone on to successful careers in industry, others have advanced to Ph.D. study at some of the most prestigious universities in the world. We are proudest of our eight Ph.D. students who have graduated to become top scholars in their respective fields.

With the number of applicants growing every year, the future of the ITASIA Program looks bright. We would like to thank our many students over the last decade for their contribution to building one of the most unique programs for interdisciplinary study of communication, international relations, and media.

To commemorate our 10th anniversary, we are pleased to announce the launch of our newly redesigned webpage. Thanks to former Dean SAKURA Osamu for his support for the redesign and Professor NAKAO Akihiro for the use of the drone video on the landing page.

ITASIA Course website

This article was written by Jason G. Karlin(Associate professor)


主担当教員Associated Faculty Members

准教授

KARLIN, Jason G.
  • アジア情報社会コース

Associate Professor

KARLIN, Jason G.
  • ITASIA program