東京大学大学院 情報学環・学際情報学府 The University of Tokyo III / GSII

教員 Faculty

教授

山内 祐平

Professor

YAMAUCHI, Yuhei

LAB WEBSITE

山内祐平研修室
http://blog.iii.u-tokyo.ac.jp/ylab/

  • アジア情報社会コース
  • 情報学環教育部
  • 文化・人間情報学コース

研究テーマ

  • 学習環境デザイン
区分:
学環所属(基幹・流動職員)
所属:
情報学環
  • ITASIA program
  • Undergraduate research student program
  • Cultural and human information studies course

Research Theme

  • Design of the Learning Environment
Position: 
III Faculty (Core & Mobile)
Department: 
Interfaculty Initiative in Information Studies
略歴

1967年 愛媛県生まれ

大阪大学大学院 人間科学研究科 博士後期課程中退

大阪大学 助手、茨城大学人文学部 講師・助教授を経て、

2000年 東京大学大学院 情報学環 准教授

学環の研究事業

学習環境のデザイン

大量の知識が日常的に流通し、再編成される情報化社会において、人間が自らの姿を変えていくための営みとして「学習」の意義はますます重要になって います。学習者を、自らの学びを積極的に創り出す存在としてとらえ、そのプロセスを支援する空間・活動・共同体・人工物のあり方について、教育学の知見を 基盤とした学際的なアプローチによって研究していきたいと考えています。

研究の概要

○ 空間

ラーニングスタジオやメディアセンターなど、新しい学習空間に関する研究を行っています。駒場キャンパスに2007年 5月にオープンしたKALS(駒場アクティブラーニングスタジオ)や、2008年3月オープンの情報学環・福武ホールの学習空間をデザインしました。

○ 活動

ワークショップ型学習のデザイン原則や評価方法など、学習を誘発する活動のあり方に関する研究を行っています。

○ 共同体

Wengerの実践共同体概念を援用しながら、学習コミュニティの組織論・経営論に関する研究を行っています。

○ 人工物

マルチメディア教材からユビキタス学習システムまで、空間・活動・共同体と学習をつなぐ人工物の設計に関する研究を行っています。

研究プロジェクト

○ ベネッセ先端教育技術学講座

東京大学 情報学環 ベネッセ先端教育技術学講座(BEAT)は、モバイル・ユビキタス学習環境を中心とした、学習の文脈にフィットした学習環境の研究を行っています。三葉虫 の化石が持ち方によって様々に語る「Monogatari」システムや、高校生に適切な学び方をアドバイスする「学習ナビ」システムを開発しました。
(http://beatiii.jp/)

○ 福武ホールアフィリエイトプログラム

2008年度から、情報学環・福武ホールを基盤とした新しい学習環境創出のための産学・社学連携研究を展開しています。パートナー企業として、コク ヨファニチャー株式会社(学習と創造を誘発する大学の学習空間に関する研究)、CSK株式会社(社会貢献事業であるワークショッププログラムCAMPに関 する研究)、博報堂/博報堂DYメディアパートナーズ(ワークショップによるコミュニケーションプロセスに関する研究)パートナーNPOとして、 CANVAS, Educe Technologies, 学習環境デザイン工房を迎え、情報学環・福武ホールを新しい学びの場の拠点にしていきます。

○ 進学を考えている方へ

教育が専門でなくても、新しい学びの形を創りたいという「問題意識」と、アイデアを実現するための「道具」をお持ちの方であれば、ぜひ研究室に来て話しをしてみてください。教育内容や対象になる学習者に制限はありません。