東京大学大学院 情報学環・学際情報学府 The University of Tokyo III / GSII

研究Research

July 12, 2018

国内初、「5G」 ドローン を用いた4K映像のリアルタイム伝送に成功KDDI and The University of Tokyo Demonstrate Japan's First Real Time 4K Video Transmission using 5G Drone

2020年サービス開始を目標に開発が進められている第5世代モバイル通信では、新しいサービスの提供が始まります。その一つとして、28GHz帯を使用した、現在の携帯の約100倍の速度の高速通信サービスが実現されます。高速通信サービスでは4Kの高精細映像通信が可能になります。

2018年6月8日、中尾研究室では、KDDI株式会社と共同で東京大学柏IIキャンパスにて4Kビデオカメラ搭載のドローンによるリアルタイム映像伝送実験をサムソン電子の5G実験システムを使用し高細精度の4Kビデオ映像を伝送することができました。実験では、ビデオカメラの映像をドローンから送信するため5Gのモバイル端末を使用し、送信された映像信号は柏IIキャンパスに設置した5G無線実験基地局で受信しました。5Gの実サービスに近い形態でドローンからの4K映像リアルタイム配信は国内初となります。

実験では、認可されている150mの高度までドローンの飛行を行い、柏IIキャンパス上空の360度の映像を4Kカメラで撮影し、その信号を0.5秒程度の遅延で劣化なしで地上に送ることができました。このような技術を、災害や事故など急を要する現場で利用することで、高い位置から高精細な映像でリアルタイムに状況把握ができるため、災害救助や迅速な事故対応が可能になり被害の最小化が期待されます。

参考:ニュース“「5G」ドローンを用いた4K映像のリアルタイム伝送に成功”(日本経済新聞電子版、6/15)

記事:中尾彰宏(教授)

Nakao Research Laboratory of The University of Tokyo together with KDDI has completed the field trial of a live 4K video transmission from a drone via 5G technology.

The experiment was carried out in an effort to realize consumer services that can benefit hugely from drones, such as public safety and surveillance, agriculture monitoring and disaster response.

The experiment area was set up in the university’s Kashiwa campus using Samsung Electronics’ 5G equipment such as a base station and a tablet. A video stream shot from the air using a 4K camera mounted on a drone was transmitted to the ground using the 28GHz frequency band designated for 5G mobile communication in the near future.

Text: Akihiro Nakao (Professor)
Proofreading: David Buist (Project Senior Specialist)


主担当教員Associated Faculty Members

教授

中尾 彰宏
  • 総合分析情報学コース
  • 生物統計情報学コース

Professor

NAKAO, Akihiro
  • Applied computer science course
  • Biostatistics and bioinformatics course