東京大学大学院 情報学環・学際情報学府 The University of Tokyo III / GSII

研究Research

August 9, 2019

「Shinobazu Wonder 12 ー 明治アーティストの離合聚散」企画展を開催Exhibition "Shinobazu Wonder 12: The Meetings and Partings of Artists in The Meiji Period" was held

7月13日-15日の間、情報学環吉見俊哉研究室・渡邉英徳研究室・凸版印刷株式会社の共同プロジェクト「しのばず文化情報活用プロジェクト」(しのばずプロジェクト)企画展「Shinobazu Wonder 12 ー明治アーティストの離合聚散ー」が旧平櫛田中邸・アトリエ (東京谷中)で開催されました。

本展覧会は、明治時代のしのばずエリア(上野と本郷を中心とする御徒町・湯島・谷中・根津・千駄木地域)に居を構え、芸術活動に身を投じたアーティスト12名に焦点を当て、アートと地域の関連性を提示する試みを行いました。デジタル技術(Liquid GalaxyおよびAR)とパネル展示を用いて、12人(加納夏雄、河鍋暁斎、橋本雅邦、奥原晴湖、旭玉山、高村光雲、フェノロサ、岡倉天心、横山大観、平櫛田中、鏑木清方と石井柏亭)の人生の軌跡と周辺地域の歴史的変遷を紹介し、会期中イベント(Liquid Galaxy実演とARまち歩き)を交え、しのばずエリアでの彼らの離合聚散と交流活動を描き出しました。

会場は、明治・大正・昭和を生きた木彫家・平櫛田中が1919年から1970年まで暮らしていた住居・アトリエです。天井が高く、自然光が注ぎ込むアトリエが、大画面のLiquid Galaxyとともに展示会場となりました。本展覧会はかつて田中が創作に励み、日本美術院メンバーと親交を深めた空間と重なる展示の鑑賞、さらに建物の壁を飛び越えて、周辺の谷中霊園、東京藝術大学、東京国立博物館、記念館などの文化施設との回遊を来場者に促すような仕組みも図り、普段の作品中心の美術鑑賞とは異なる、地域との一体感を体験できるスペースを作り上げました。

三日間連日の雨にもかかわらず、80名以上の来場者にお越しいただき、来場者アンケートでは、「歴史や地域について学ぶことができた」「デジタル技術の可能性を体感できた」などの感想を寄せていただきました。これからもご支援・鞭撻のほどお願いします。

・本郷と上野エリアの文化資源発掘・利活用促進を目的とする「しのばず文化情報活用プロジェクト」ウェブサイト:http://www.shinobazu-prj.jp

記事:潘 夢斐(博士課程)
写真:KANKO LLP

From July 13th until 15th, an exhibition titled “Shinobazu Wonder 12: The Meetings and Partings of Artists in The Meiji Period” was held at Denchu Hirakushi House and Atelier in Yanaka, Tokyo. Organized by “Shinobazu Cultural Resource Project”, a collaborative project, started in 2013, among Shunya Yoshimi Laboratory, Hidenori Watanave Laboratory, and Toppan Printing CO. LTD., the exhibition utilized the old house of sculptor Denchu Hirakushi and digital technology including Liquid Galaxy and AR technology to reproduce twelve Meiji artists’ life trajectories and activities in the Shinobazu area centering around Hongo and Ueno.

The artists are namely, Natsuo Kanō, Kyōsai Kawanabe, Gahō Hashimoto, Seiko Okuhara, Gyokuzan Asahi, Kōun Takamura, Ernest Fenollosa, Tenshin Okakura, Taikan Yokoyama, Denchū Hirakushi, Kiyokata Kaburagi, and Hakutei Ishii. Through the wide screens of Liquid Galaxy, panels, gallery talks, and AR city walks, this exhibition delineated the close relationship between the artists and the local community. In addition to presenting the potential of digital technology, the exhibition also endeavored to develop connections with Yanaka Cemetery, Tokyo National Museum, Tokyo University of the Arts, memorial museums and other cultural facilities in the neighbourhood.

– Website of Shinobazu Cultural Resource Project: http://www.shinobazu-prj.jp

Text: Mengfei Pan (PhD student)
Proofreading: David Buist (Project senior specialist)
Photo: KANKO LLP


主担当教員Associated Faculty Members

教授

吉見 俊哉
  • 文化・人間情報学コース
  • アジア情報社会コース

Professor

YOSHIMI, Shunya
  • Cultural and human information studies course
  • ITASIA program