東京大学大学院 情報学環・学際情報学府 The University of Tokyo III / GSII

研究Research

March 1, 2019

DNP学術電子コンテンツ研究寄付講座3周年記念シンポジウムDNP Academic Digital Content Research Project 3rd Anniversary Symposium

2019年2月13日、ダイワハウスユビキタス館石橋信夫記念ホールにて、DNP研究寄付講座3周年を記念したシンポジウムが開催されました。シンポジウムを主催した同講座は、2015年にDNP(大日本印刷株式会社)の寄付により情報学環に設置され、2018年11月に2期目を迎えました。

シンポジウム前半では、同講座の柳与志夫特任教授が、講座の3年間の成果と今後の課題について報告を行いました。デジタル教材の制作・活用方法を検討する「学術マイクロコンテンツ教材活用プロジェクト」や「地方紙デジタル化・活用プロジェクト」、デジタル・ネットワーク機能の特性を活かした新しいデジタル・コンテンツ・ストラクチャのプロダクトデザインと流通・リテールモデルを検討する「ビヨンドブックプロジェクト」など、同講座が取り組んでいる活動についての紹介がなされました。

後半には、デジタルアーカイブに関連するパネルディスカッションが行われました。司会の吉見俊哉教授とデジタルアーカイブに関連する各界の識者5名が、デジタルアーカイブに関わる法制度の現状、市民が参加して構築するアーカイブの重要性、国や産業などマクロな視点からのアーカイブ構築などについて、活発に論じ合いました。

聴衆とパネリストの間で活発な質疑応答の後、シンポジウムは盛況のうちに幕を閉じました。

記事:東由美子(特任講師)
写真:井関貴博(客員研究員)

On February 13, 2019, a symposium commemorating the 3rd anniversary of the DNP Academic Digital Content Research Project was held at Ishibashi Memorial Hall in the Daiwa Ubiquitous Computer Research Building.The DNP Project hosting the symposium was established in the Interfaculty Initiative in Information Studies by a donation from DNP (Dai Nippon Printing Co., Ltd.) in 2015 and entered its second term in November 2018.

In the first half of the symposium, Project Professor Yoshio Yanagi reported on the results of the project over the three years and future issues. He introduced activities of the DNP Project, including the “Project for utilization of academic microcontent teaching materials”, which considers how to create and utilize digital teaching materials, the “Local paper digitization/utilization Project”, and the “Beyond Book Project”, which explores new digital contents and structure design to exploit the characteristics of digital network functions in addition to distribution and retail models.

In the second half, a panel discussion related to digital archives was held. Professor Shunya Yoshimi from the host institution and five experts in various fields related to the digital archive actively discussed such topics as the present state of the legal system related to the digital archive, the importance of archives constructed by citizen participation, and the digital archive from the macro viewpoints of country and industry.

After a lively question and answer session between the audience and the panelists, the symposium came to a successful conclusion.

Text: Yumiko Higashi (Project Lecturer)
Photo: Takahiro Iseki (Visiting Researcher)
Proofreading: David Buist (Project Senior Specialist)


主担当教員Associated Faculty Members

教授

吉見 俊哉
  • 文化・人間情報学コース
  • アジア情報社会コース

Professor

YOSHIMI, Shunya
  • Cultural and human information studies course
  • ITASIA program