東京大学大学院 情報学環・学際情報学府 The University of Tokyo III / GSII

研究Research

March 8, 2018

東京大学情報学環 オープンデータセンター(UTODC)が設立The establishment of UTODC (University of Tokyo, Open Data Center)

2018年1月18日、東京大学情報学環オープンデータセンター(UTODC: University of Tokyo, Open Data Center)の開所式が行われました。ダイワユビキタス学術研究館に約100名の参加者が集まりました。

2016年末、政府において「官民データ活用推進基本法」が制定されました。また、2017年5月には「世界最先端IT国家創造宣言・官民データ活用推進基本計画」が策定されるなど、“データ大流通時代”の到来に際し、「データ」がヒトを豊かにする社会(官民データ利活用社会)の実現が目指されています。

このような背景を踏まえ、オープンデータに関する研究開発及び人材育成を目的として、本センターは設立されました。学際的な立場から総合的にオープンデータに取組む専門組織は、日本の大学では初めてです。

開所式では、佐倉統情報学環長からの主催者挨拶に続き、吉田眞人総務省大臣官房総括審議官から来賓挨拶をいただきました。

また、センター長の越塚登教授による記念講演の後、30名程度のハンズオン研修が可能なオープンデータ・ラボの見学会が行われました。自治体からの参加のもと既に前日から試行研修が行われていたオープンデータ研修の成果や、関連団体5社によるデモンストレーションを見学し、関係者との活発な意見交換が行われました。

今後、本センターではオープンデータに関連する教育研究活動を行います。また、国内の地方公共団体のオープンデータ化もしくはEBPM(Evidence-Based Policy Management)に取り組むためのプラットフォーム環境の提供、人材育成、及び国際連携を産官学の連携により進めて参ります。

記事・写真:住友貴広(准教授)
英文校正:デイビッド・ビュースト(特任専門員)

The University of Tokyo, Open Data Center (UTODC) was established on Jan. 18th, 2018. The opening ceremony was held at the Daiwa Ubiquitous Computing Research Building, gathering almost 100 attendees.

In the previous two years, the Japanese government has enacted the “Basic Act on the Advancement of Utilizing Public and Private Sector Data” and the “Basic Plan for the Advancement of Public and Private Sector Data Utilization”, which aim to realize a “public-private data utilization society” where “data” enriches humans.

Based on this background, the center was established with the aim of carrying out research and development on open data and training people to work in this field. As a specialized organization that tackles open data comprehensively from the interdisciplinary point of view, UTODC is the first of its kind in Japanese universities.

In the opening ceremony, following an address by Prof. Osamu Sakura (Dean of the III) representing the organizers, an address was given by Mr. Mabito Yoshida (Director-General for Policy Coordination of the Ministry of Internal Affairs and Communications) representing the invited guests.

In addition, after a commemorative lecture by the center director Prof. Koshizuka, a tour was conducted of the open data lab, where about 30 people can receive hands-on training, and trial training had already been conducted from the previous day with the participation of local governments. We gathered the results of the open data training and demonstrations by five related organizations and actively exchanged views with the concerned parties.

In the future, we will conduct educational research activities related to open data, collaborating with industry, government and academia, through the provision of a training environment to public entities in Japan and platform to research EBPM (Evidence-Based Policy Management), human resource development, and international collaboration.

Text & Photo: Takahiro Sumitomo (Associate professor)
Proofreading: David Buist (Project senior specialist)


主担当教員Associated Faculty Members

教授

越塚 登
  • 総合分析情報学コース

Professor

KOSHIZUKA, Noboru
  • Applied computer science course