東京大学大学院 情報学環・学際情報学府 The University of Tokyo III / GSII

研究Research

February 15, 2018

「 メディアスタジオ 実習II」番組収録"Media Studio Practicum II" Program Recording

2018年1月26日、東京大学内にある情報学環メディアスタジオにて学生による番組の収録を行いました。A1A2セメスターの4ヶ月にかけて開講された「メディアスタジオ実習II」では、NHKのプロデューサーである渡邊悟先生のご指導のもと番組を一から作り上げるノウハウを学びました。

実際に収録した番組は、学生全員が提案した番組の中から多数決で一つを選びました。制作現場でも行われる編成の厳しさを体験できたのも、選ばれた一つの番組を作り上げる熱量に込められるものです。番組の構成を考える制作会議はそれぞれのこだわりのぶつかり合い、「間違いなく面白い」と信じる演出や構成があるために、収束するのに苦労しました。その分、合意に達した番組案は全員が自信をもって「面白い」と言えるものになったと思います。

その番組案というのが、「book face」というもの。「本棚が持ち主の顔の代わりになる」というコンセプトをもとに、本に持ち主の性格が現れることや本による人間の繋がりを表現する番組を作りました。このメッセージを視聴者に面白く伝えるのが演出の力です。我々は本棚を持ち主の顔の前に当てはめ、顔を隠すようにして初対面の女性にアピールするというような演出を考えました。3人の本棚人間を前にした女性の困惑から、デートする相手を選ばなければならない故の真剣な本棚の吟味は見物です。

私は当日の収録では、演者の一人として参加しました。本棚と化した私は、暑い収録スタジオの中で布を顔にまとわせ、忍びました。面白いものを作るには忍耐も大事であることを、身をもって学ぶのです。カメラマン、スイッチャー、ディレクターと全員が初体験であるそれぞれの役割をこなして、計画通りの番組収録を終えることができました。その後は編集作業の後に、関係者全員で番組を視聴し、達成感の中終わることができました。

・こちらの記事もあわせてお読みください。
2017年度メディアスタジオ実習Ⅱ(メディアスタジオニュース)

記事:勝又航生(情報理工学系研究科 修士課程)
写真:鳥海希世子(特任助教)
英文校正:デイビッド・ビュースト(特任専門員)

On January 26th 2018, a TV program by students was recorded at the iii Media Studio. This program was the conclusion of the course “Media Studio Practicum II”, in which Satoru Watanabe, a producer at NHK, taught us how to make a TV program from scratch.

The program we recorded was chosen from all the ideas proposed by the students. It took many hours of discussion to make the program superb. The actual program we created was named “book face”. The program was based on the concept that “book shelves represent the owner”. We designed the program to show that books show the owner’s personality, and books can be an opportunity for forming new relationships. The program was designed as follows. A woman faces three men with their faces concealed behind their book shelves. Her mission was to find out the personalities of each man and pick the one whom she wants to date.

I took part in the recording as one of the men concealed behind a book shelf. It was a very special experience placing your face behind your books, waiting for a woman whom you don’t know to guess your personality. All the students did a great job in their first experience as a cameraman, switcher or director. At the end, we watched what we had made and felt a great sense of accomplishment.

– Please also see this article (In Japanese only).
2017 Media Studio Practicum II(iii MediaStudio News)

Text: Koki Katsumata (MA student, Graduate School of Information Science and Technology)
Photo: Kiyoko Toriumi (Project assistant professor)
Proofreading: David Buist (Project senior specialist)