東京大学大学院 情報学環・学際情報学府 The University of Tokyo III / GSII

教員 Faculty

教授

横山 広美

Professor

YOKOYAMA, Hiromi

研究テーマ

  • 現代科学論・科学コミュニケーション
区分:
学内兼担・授業担当教員
所属:
国際高等研究所 カブリ数物連携宇宙研究機構

Research Theme

  • Modern science theory and science communication
Position: 
Affiliated Faculty
Department: 
Kavli Institute for the Physics and Mathematics of the Universe
略歴

2017年4月から 東京大学国際高等研究所カブリ数物連携宇宙研究機構 教授
2007年4月から 東京大学大学院理学系研究科 准教授
2005年1月から 総合研究大学院大学 上級研究員
2004年10月から 東京工業大学 特別研究員 
2004年3月 東京理科大学大学院博士課程満期終了退学、同年9月 博士(理学)


私は大学院まで素粒子実験を修めた後、専門を現代科学論・科学コミュニケーション分野にしました。数物系のバックグラウンドですが、現在は科学の分野を問わず、広く科学と社会の信頼関係を構築する研究に興味を持っています。多くの学生さんが、新しいアイデアをもって集ってくださることを期待しています。

私自身は現在、以下のテーマで研究を進めています。

(1) クラウド上でファンディングを行う科学のクラウドファンディングに興味をもって研究を進めています。もともと科学のパトロネッジについての議論は経済学分野でもありますが、科学技術社会論をベースに、プロジェクトを支援する人々が意識的にしろ無意識にしろ、「科学とは何か」を決めているクラウドファンディングは研究対象として大変興味深い現象だと思っています。

(2) 日本の物理、数学、情報分野に女子生徒が非常に少ないことに注目しています。たとえばイタリアでは物理学科の女子生徒は教室の半数を越えるのに対して、日本、特に東大では非常に少ない。何らかの社会的要因が女子生徒の進路選択に強く影響していることは明らかです。何が原因で障壁になっているのかを心理学者と共に研究しています。

(3) 東日本大震災には科学に関わるものとして常に関心を寄せています。福島の子育て世代、特に母親の不安が高いことを示した論文は、海外で多く引用されています。心理学との共同研究でリスクコミュニケーションもテーマに扱っています。

(4) 宇宙の起源を調べる素粒子実験は、基礎科学でありながら数百億、場合によっては数千億レベルの予算を要求する科学です。日本の人々は、これまでこうした科学の多くを支援してきました。そこには社会と科学者の信頼関係があるように見受けます。宇宙開発、望遠鏡、スパコンや海洋探査船等、ビッグサイエンス・メガサイエンスの社会とのコミュニケーションや、地域社会との関係に注目しています。

上記のほか、科学コミュニケーション全般、科学ジャーナリズムにも広く関心を寄せています。また、大学や研究組織の、組織としてのコミュニケーション戦略にも興味を持っています。私自身の研究テーマにこだわることなく、新しいアイデアを持つ皆さんをお待ちしています。