東京大学大学院 情報学環・学際情報学府 The University of Tokyo III / GSII

教員 Faculty

准教授

矢谷 浩司

Associate Professor

YATANI, Koji

LAB WEBSITE

Interactive Intelligent Systems Laboratory
http://iis-lab.org/

  • 先端表現情報学コース

研究テーマ

  • 知的,健康的生活を支えるインタラクティブなシステムとアプリケーション
区分:
学内兼担・授業担当教員
所属:
工学系研究科
  • Emerging design and informatics course

Research Theme

  • Interactive systems and applications for intellectual and health life
Position: 
Affiliated Faculty
Department: 
School of Engineering
略歴

2014年8月より東京大学大学院工学系研究科電気系工学専攻にて准教授として勤務.2011年にカナダ,トロント大学にて博士号(コンピュータ科学)を取得.2011年11月から2014年7月までMicrosoft Research Asiaにて勤務.

Biography

I received my Ph.D. at University of Toronto under the supervision by Prof. Khai N. Truong at Dynamic Graphics Project. My research interests lie in Human-Computer Interaction (HCI) and ubiquitous computing. More specifically, I am interested in developing new sensing technologies to support user interactions in mobile/ubiquitous computing environments, and interactive systems with machine intelligence behind. I am also interested in deeply evaluating interactive systems through quantitative and qualitative approaches. Besides HCI and ubiquitous computing, I am interested in machine learning, statistical analysis, computational linguistics, psychology, and physiology.


私たちの研究室,インタラクティブ・インテリジェント・システム ラボラトリー(IIS Lab,イーズラボ)では,ヒューマン・コンピュータ・インタラクションやユビキタス・コンピューティング,特に知的なインタフェースやインタラクティブなシステムに関する様々な研究を行っています.

Mission Statement

IIS Labでは,我々が設計,実装,評価する知的なインタラクティブシステムによって支援される人間の知的活動を通して,人々のQOL(quality of life)を向上させることをミッションとしています.人々を取り巻くデータや情報,状況は複雑になり,人間の情報処理能力を大きく超えている一方,それらが人間の知的活動に深く関わり続けています.この複雑さを乗り越えていくためにはコンピューティングによる人間の活動を支援するシステムの設計が重要になります.それらシステムが大量のデータや情報を扱う労力を削減したり,自分のソーシャルネットワークにいる人間とのやりとりを向上したりすることで,QOLの向上につながります.しかしながら,コンピューティングによる計算結果はいつも100%正確というわけではありません.人間の行動も複雑であるために,予測が間違ってしまう可能性が常にあります.だからこそ私たちは知的なシステムはインタラクティブでなければならないと考えています.人間とコンピューティングが協調することが知的な活動を最も高めるということこそ,これからのヒューマン・コンピュータ・インタラクションが世の中に示すべきことであり,これからのインタラクションデザインが明らかにしていくべきことだと考えています.インタラクティブな知的システムを通して,人々がより高いレベルの知的活動に関わり,個人個人が世界をよくすることに貢献していける未来を目指しています.

Project Examples

IIS Labでは以下の研究テーマを重点的に扱っています.しかしヒューマンコンピュータインタラクションやユビキタスコンピューティングに関連する研究テーマであれば,積極的に提案してください.

  • 新しいセンシング技術を利用した使いやすいセキュリティシステム
  • 機械学習や統計的手法を用いた生産性(プロダクティビティ)や創造性(クリエイティビティ)を支援するインタラクティブなシステム
  • 健康的な生活を支援したり,障がいを持つユーザを助けたりするモバイル・ウェアラブルなシステムやアプリケーション

 

最近の研究の例としては以下のものがあります.プロジェクトの詳細やデモビデオはhttp://iis-lab.orghttp://yatani.jpからご覧ください.

 

センシング技術・ヘルスケアに関する研究
・心拍情報を同時に取得する指紋認証システム
・歯垢を検知できる歯ブラシの製作

生産性・創造性支援に関する研究
・GitHub上においてコードの一部分に関するプルリクエストと開発履歴を抽出,表示するシステム
・データドリブンな手法によるギターのコード演奏練習を支援するシステム
・インフォグラフィックの作成を支援するシステム
・ビジネス資料作成のための情報収集と管理を支援するシステム
・手描きの絵でアニメーション作成を行うシステム

生活支援に関する研究
・車椅子利用者がアクセシビリティを判定ために有用なレストランの外観写真を自動で推定する技術
・重量負荷が変更可能なダンベルの開発とその知覚実験
・スマートフォンの使いすぎをグループで協力して減らすことを支援するシステム

 

Our Interactive Intelligent Systems Laboratory (IIS Lab, pronounced like “ease lab”) conducts a broad range of research on Human-Computer Interaction and Ubiquitous Computing.

 

Mission Statement

The mission of Interactive Intelligent Systems Laboratory (IIS Lab) is to improve people’s quality of life through intellectual activities enhanced by interactive systems with intelligence behind we design, implement, and evaluate. Complexity of data, information, and contexts surrounding people are well beyond human cognitive capabilities though all of them are intertwined with various intellectual activities. We believe that well-designed computing support can help surviving this complexity; reducing effort on interacting with a large volume of data and information, promoting interaction with people in social contexts, and therefore improving the quality of life. Yet, computing technologies would not always be perfectly precise and accurate. Predictions and forecasts by computing always has a chance to be incorrect because human behaviors are also complex to model. We thus believe that intelligent systems must be interactive; collaboration between human and computing would lead to the best support on intellectual activities, and this is what future Human-Computer Interaction should demonstrate and future interaction design should uncover. We envision that through interactive intelligent systems, everyone will be able to commit more to higher-level intellectual activities and make grass-root effort on making the world better.

 

Project Examples

IIS Lab is currently focusing on the following topics, but you are welcome to bring your cool ideas related to HCI and ubiquitous computing.

Usable security systems with novel sensing methods,
Interactive systems for productivity and creativity support with machine learning and statistical data analysis,
Mobile/wearable systems for personal healthcare and accessibility

Recent projects are as follows. Please visit http://iis-lab.org and http://yatani.jp for more details.

[Sensing technology and healthcare applications]
 ・Fingerprint authentication with concurrent heart rate sensing
 ・A plaque-aware toothbrush

[Productivity and creativity support]
 ・Visualizing pull requests and development histories about a user-specified source code portion in GitHub
 ・A data-drive approach for guitar chord practice
 ・Interactive infographics authoring support
 ・Information gathering and organization support for business material authoring
 ・Intelligent support for hand-drawn animations

[Life support]
 ・Support for user-driven wheelchair accessibility estimation with exterior restaurant pictures
 ・Development of and perception studies on a weight-shifting dumbbell
 ・A group-based approach for encouraging people to reduce their mobile phone use