東京大学大学院 情報学環・学際情報学府 The University of Tokyo III / GSII

教員 Faculty

准教授

岡 美穂子

Associate Professor

OKA, Mihoko

  • 文化・人間情報学コース

研究テーマ

  • 日本史(16・17世紀)
  • キリシタン史、東アジア海域史
区分:
学環所属(基幹・流動教員)
  • Cultural and human information studies course

Research Theme

  • Japanese History (XVI and XVII century)
  • Kirishitan History, Maritime History of East Asia
Position: 
III Faculty (Core & Mobile)
略歴

2003 東京大学史料編纂所 助手

2006 京都大学大学院 人間環境学研究科 博士号取得

2017 東京大学史料編纂所 准教授

主要業績

A Maritime History of East Asia (co-edition with Masashi Haneda, 2019 Kyoto University Press & Trans Pacific Press).

『大航海時代の日本人奴隷』中央公論新社、2017(ルシオ・デ・ソウザと共著)

『商人と宣教師 南蛮貿易の世界』東京大学出版会、2010


いわゆる「キリシタンの世紀」と呼ばれる、1540年~1640年頃までの、日本の対外関係史(主に対ポルトガル・スペイン)と、宗教史(キリシタン)を研究しています。海域アジア史やグローバル・ヒストリーにも関心がありますが、アジアに進出したヨーロッパ勢力のインパクトを過大評価しない研究を心がけています。

My research theme is a history of foreign relations in Japan (mainly with Portugal and Spain), and religious history (Kirishitans/Christians) from 1540 to 1640, which is so-called “the Christian century in Japan”. I am interested in maritime history of Asia and global history, too. However, I am trying to develop a method to think about Asian history that does not overestimate the impact of the European forces linked with Asia.