東京大学大学院 情報学環・学際情報学府 The University of Tokyo III / GSII

研究Research

November 24, 2022

「未来の原画」展 ― 山中研究室最終展示The final exhibition of Shunji Yamanaka Lab

11月17日(木)より東京大学生産技術研究所S棟にて開催中の「未来の原画」展は、2022年度末で定年を迎えられる山中俊治教授の研究室の最終展示会です。最終講義の代わりでもある本展覧会は、人間とテクノロジーの接点を、未来を予想しながらデザインし、プロトタイプを作ってきた山中研究室の集大成であり、「未来の一端を経験してもらいたい」という山中先生の思いが詰まっています。

会場に入るとまず山中先生による数多くのスケッチの原画が目をひきます。その先の展示室には、美しい義足をはじめとする山中研究室の代表的なプロジェクトの作品群が並び、スケッチから始まったものがデザインされ、形になった姿に接することができます。別の展示室には、山中研究室が取り組んできた3Dプリンタ技術の可能性を探る研究の中で生まれた、幾何学模様の構造体やロボットのプロトタイプが並んでいましたが、まさに新たな技術によって見出された可能性の片鱗に触れる思いがしました。

日産自動車のデザイナーを経てフリーランスのプロダクトデザイナーとして活躍された山中先生は、2008年から4年間慶應義塾大学に所属されたのち、2013年4月に東京大学に着任され、情報学環・学際情報学府では先端表現情報学コースで研究と教育活動を行われてきました。「情報学環は、いろんな学問領域の人が混ざることで起こることを研究している場所ですよね。デザインというのは本質的に、科学知識と人の感性に対するアーティスティックな洞察の両方を生かすもの。それを同時に生かせる世界を構築するうえで、情報学環は素晴らしい場所だったと思います」とコメントしてくださいました。

本展覧会には山中研究室の卒業生の作品も展示されています。「僕にとって教え子も研究室のアウトプットです」とおっしゃる山中先生は今回、卒業生の方々に自分にとっての代表的、あるいは最も気に入っている、未来を拓いた作品の展示を依頼されたそうです。幅広い業界でクリエイターとして活躍する皆さんの作品を笑顔で紹介してくださり、「彼らが不思議なことをやる専門家になり、社会の分業化されたフレームの中に収まらないのを見ると、そういう未来をつくるのに情報学環はいい場所でした」と話されたのが印象的でした。「未来の原画」展は12月4日(日)まで開催されます。

〈LINKS〉
山中俊治研究室最終展示「未来の原画」展
・「未来の原画」展URL: http://www.design-lab.iis.u-tokyo.ac.jp/exhibition/final/

記事・写真:神谷説子(特任助教・編集部)

The final exhibition for the lab of Professor Shunji Yamanaka, who will retire at the end of the academic year 2022, began on November 17 at the Institute of Industrial Science, Building S on Komaba Research Campus. This exhibition, titled “Mirai no Genga (Drawings of the Future)” is the culmination of Yamanaka Lab, whose research focused on designing and prototyping the interface between humans and technology.

Upon entering the exhibition hall, one’s eyes are first drawn to the numerous sketches by Professor Yamanaka. And in the main exhibit room, you will see various projects, from prosthetic legs and hands to “bio-likeness” robots, that began from sketches and eventually were given shape. In another exhibit room, visitors will find geometric structures and robot prototypes that were created as part of Yamanaka Lab’s research into the possibilities of 3D printer technology.

A recognized product designer before entering academia, Professor Yamanaka joined the University of Tokyo in April 2013 after working at Keio University for four years from 2008. At the Interfaculty Initiative in Information Studies/Graduate School of Interdisciplinary Information Studies, he has been conducting research and teaching as a faculty member in the Emerging design and informatics course. “Design essentially makes use of both scientific knowledge and artistic insight into human sensibilities. III has been a wonderful environment for my work, because people from diverse fields work together to create something new,” he said.

The exhibition also features works by Yamanaka Lab graduates. Professor Yamanaka asked the alumni to showcase their most representative, favorite works that opened their future. The final exhibition of Yamanaka Lab will continue through December 4.

〈LINKS〉
Shunji Yamanaka Lab Final Exhibition: “Drawings of the Future” announcement
・「未来の原画」展 (“Drawings of the Future” Exhibition) URL: http://www.design-lab.iis.u-tokyo.ac.jp/exhibition/final/

Text&Photos: Setsuko Kamiya (Project assistant professor)
English proofreading: David Buist (Project senior specialist)


主担当教員Associated Faculty Members

教授

山中 俊治

Professor

YAMANAKA, Shunji