東京大学大学院 情報学環・学際情報学府 The University of Tokyo III / GSII

研究Research

May 9, 2019

インフラリテラシー・プロジェクト研究会Yearend Seminar of the “New Literacy for Media Infrastructure Project”

水越伸研究室では2018年度より「「メディア・インフラに対する批判的理解の育成を促すリテラシー研究の体系的構築」という3年間の共同研究プロジェクトを進めています。去る3月16日(土)には初年度を締めくくる第6回研究会が東京大学工学部新2号館92Bにて開催されました。 

マス・コミュニケーション時代のメディアリテラシーは、番組などのテクストやコンテンツに焦点を当てて発展してきました。現在でもそれは重要ではある一方で、2000年代以降急速に私たちの日常となったFacebookやTwitterを始めとするSNS、Googleやインターネットなどのデジタルプラットフォーム、またハードウェアなどのインフラストラクチャーに対するリテラシー研究は遅れています。本プロジェクトはそのようなメディア・インフラの構造や機能、デザインを技術的観点からだけではなく、政治経済的、文化的な観点から批判的に理解していくメディア・リテラシーを育成するための、新たな理論構築と学習プログラム開発を目的としています。

当研究会では2018年度の取り組みの報告と、ワークショップ型の学習プログラムのパイロット実践の成果が紹介されました。また、社会思想史、教育学、そしてプラットフォーム企業の方々を迎え、それぞれの観点からメディア・インフラストラクチャーの現状認識や、メディア・リテラシーの課題について活発なディスカッションが行われました。講演、報告、パネルディスカッションという盛りだくさんな4時間半の研究会でしたが、メディアのコンテンツではなく、メディアそのものにアプローチするリテラシー研究に取り組む本プロジェクトにとって、初年度を振り返り、また次年度以降の研究の課題や方向性を明らかにする重要な機会となりました。(プロジェクトの詳細はHPで随時更新しておりますのでぜひご覧ください。http://infra.mediabiotope.com

研究会の登壇者と報告タイトルなど
挨拶:「プロジェクトの全体像について」
 水越伸(東京大学・プロジェクトメンバー)
講演:「機械状資本論からみたメディア・インフラストラクチャー」
 水嶋一憲(大阪産業大学)
報告:ワークショップ「風景写真とデジタル・プラットフォーム」報告
 駒谷真美(実践女子大学・プロジェクトメンバー)
 神谷説子(東京大学大学院・プロジェクトメンバー)
 宇田川敦史(東京大学大学院・プロジェクトメンバー)
パネルディスカッション:
 中橋雄(武蔵大学)
 水嶋一憲(大阪産業大学)
 川瀬達也(Yahoo! JAPAN)
 吉村奏(東京大学大学院・プロジェクトメンバー)
 水越伸(司会)

なお、本研究会の様子が朝日新聞のWEB RONZAで取り上げられました。こちらで一部読めます:GAFAの「情報支配」を考えるプロジェクト(「論座」朝日新聞社、2019年4月2日)

記事・写真:神谷説子(博士課程)
写真:長谷川一(明治学院大学教授・プロジェクトメンバー)

The research community of Shin Mizukoshi Lab has been working on the “New Literacy for Media Infrastructure Project” since April 2019. This project aims to establish new media theory and design educational workshop programs in the era of media infrastructure – from Facebook, Twitter and Google as well as the Internet itself – that has become part of our daily lives in the past two decades. On March 16, a seminar that served as a wrap-up of the first year of the 3-year project was held at the University of Tokyo.

In the age of mass media, media literacy evolved while centering on the critical thinking of media contents, such as TV programs. While such conventional media literacy continues to be important, we believe that in the digital age, it is crucial to promote literacy of the media infrastructure that supports the messages, as the nature of the infrastructure frames the contents and the communication phenomenon, but this has yet to be studied in depth. Thus, the goal of the project is to nurture critical thinking towards the function, structure and design of media infrastructure, not only from technological viewpoints but also from political, economic and cultural perspectives. (Details of the project can be seen here: http://infra.mediabiotope.com )

During the March 16 seminar, some members of the project introduced the result of the pilot experiment of the workshops. Meanwhile, speakers including Osaka Sangyo University professor Kazunori Mizushima, Musashi University Professor Yu Nakahashi and Tatsuya Kawase of Yahoo! JAPAN were among the panelists who discussed their views on the media infrastructure and the direction of media literacy.

Text and Photo: Setsuko Kamiya (PhD Student)
Photo: Hajime Hasegawa (Professor at Meiji Gakuin University, Project Member)
Proofreading: David Buist (Project Senior Specialist)


主担当教員Associated Faculty Members

教授

水越 伸
  • 文化・人間情報学コース
  • アジア情報社会コース

Professor

MIZUKOSHI, Shin
  • Cultural and human information studies course
  • ITASIA program