東京大学大学院 情報学環・学際情報学府 The University of Tokyo III / GSII

教員 Faculty

教授

須藤 修

Professor

SUDOH, Osamu

  • アジア情報社会コース
  • 生物統計情報学コース
  • 社会情報学コース

研究テーマ

  • ソーシャル・イノベーションとICT 次世代eサービスとイノベーション
区分:
学環所属(基幹・流動職員)
所属:
情報学環
  • ITASIA program
  • Biostatistics and bioinformatics course
  • Socio-information and communication studies course

Research Theme

  • Social Innovation and Information/Communication Technology The Next Generation e-Service and Innovation
Position: 
III Faculty (Core & Mobile)
Department: 
Interfaculty Initiative in Information Studies
略歴

経済学博士(東京大学)

1985年 東京大学大学院 経済学研究科 博士課程修了、経済学博士

1995年 筑波大学先端学際領域研究センター 客員研究員

1995年 スウェーデン・ストックホルム経済大学 客員教授

1997年 参議院商工委員会 客員調査員

2006年 政府「IT新改革戦略評価専門調査会」委員、「電子政府評価委員会」座長

2007年 政府「次世代電子行政サービス基盤検討プロジェクトチーム」座長

2007年 総務省「電子自治体の推進に関する懇談会」座長

2008年 政府「情報セキュリティ政策会議情報セキュリティ基本計画検討委員会」委員長

Biography

Graduated from Graduate School of Economics, The University of Tokyo, Ph.D. in Economics
Visiting Professor of Stockholm School of Economics, Sweden (1995)
Visiting Research Professor of the NTT Research Institute for Service Integration Infrastructure (1997-1999)
Chair for International Academy of CIO (2008-2010)
Chair for the Japan Association for Socio-Information (2008-2010)
Chair for Japan Information-Culturology Society(2007-)
Chair for e-Gov Assessment Council organized by Government of Japan (2006-2010)
Chair of Project Team for the Next Generation e-Gov Service organized by Government of Japan (2007-2010)
Associate Member of Science Council of Japan (2008-) and so on

Achievements

Award of Minister of Internal Affairs and Communications (2008), 11th Telecom Social Science Award (1996) by the Telecommunications Advancement Foundation, Japan Information-Culturology Society (JICS) Award (1999) and so on


現在、私が取り組んでいる主要な研究について簡単に紹介しましょう。

センサーネットワークを使った予防医療研究

社会の高齢化にともない予防医療の重要性に鑑み、現在、センサーネットワークを活用した健康管理実証実験のテストベッド構築に取組んでいる。この研 究は、健康を保つこと(1次予防)、および糖尿病、高血圧症、脂質異常症、肥満症など成人病の発病を抑止する(2次予防)ための予防医療体制を組織し、さ らには、脳卒中や心筋梗塞、腎不全による透析などの重症合併症防止、病状軽減のために行われる3次予防を支援することを目的としている。ウェアラブル生体 センサーと屋内の据え置きセンサーを用いて特定健診における保健指導者や患者や生体データを取得し、センサーネットワークを用いて日常生体データをデータ センターにあるサーバーに集積し、健診データや診療データとマッチさせ、大量の身体運動に関するデータの高度な分析を行っている。その結果を保健指導者や 担当医に解析データを示し、高度な健康指導体制を組織しようというものである(図を参照)。

 

この研究は、文部科学省科学研究費補助特定領域「情報爆発時代に向けた新しいIT基盤技術の研究」(領域代表:喜連川優 東大教授)のB01計画研究(研究代表:須藤修)として組織されている。

 

そのほかにも、「プロアクティブなeサービスを可能にするデータ疎結合基盤に関する研究」(次世代電子行政サービスの基盤システム研究)、 「Future Internetの社会的インパクトに関する研究」、「高速データベースを活用した地球環境問題への新たなアプローチに関する研究」などに力を注いでい る。

 

最近の私の研究の特徴は、文系と理系の研究の相互作用のもとにある研究、Data-Intensive Scienceを志向していることであろうか。チャレンジしたい人は気軽に声をかけてください!

I would like to introduce main research.
In many advanced countries, aging society has become a serious social issue. In this context, it is important to prevent the increase of medical costs and to consider preventive health. Various research projects for preventive medicine utilizing IT are currently underway in the world.
I have also taken part of the development of a health management test bed using sensor networks, which is to serve as an empirical research platform. The primary goal of the research is to organize a preventive health system to curb deterioration due to various adult diseases, such as high blood pressure, diabetes, kidney disease, and cardiac illness, to prevent complications, and to support secondary prevention for the improvement of health condition. Wearable bio-sensors and earthed indoor sensors are in place to obtain patient’s ecological data. The data is transmitted from Mote client to the data center via IP-VPN. Data is made anonymous before being sent over remote grids. Advanced data analysis is performed for a large volume of collected data pertaining to body movements, and is reported by the system to designated doctors. This is to support medical diagnosis and consultation by doctors for health management. This research is one project (Project Leader: Osamu Sudoh ) of the research project ‘Cyber Infrastructure for the Information-explosion Era’ (Project Chair: Masaru Kitsuregawa), the MEXT Grant-in-aid for scientific research on priority areas, The Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology.
If the research produces certain outcomes, it will be upgraded into a larger empirical initiative using the research infrastructure of the sensor network and ASP, which is used to introduce preventive health services and security services.
As for the other researches that I tackle, there are proactive e-Services and loosely data coupling, the impact of future Internet on society, and so on.