東京大学大学院 情報学環・学際情報学府 The University of Tokyo III / GSII

教員 Faculty

教授

苗村 健

Professor

NAEMURA, Takeshi

LAB WEBSITE

苗村研究室
http://nae-lab.org/

  • 先端表現情報学コース
  • 情報学環教育部

研究テーマ

  • 空間指向メディア技術
区分:
学環所属(基幹・流動職員)
所属:
情報理工学系研究科
  • Emerging design and informatics course
  • Undergraduate research student program

Research Theme

  • Spatially Oriented Media Technology
Position: 
III Faculty (Core & Mobile)
Department: 
Graduate School of Information Science and Technology
略歴

博士(工学)(東京大学)

1969年 生まれ

1992年 東京大学工学部 電子工学科 卒業

1997年 東京大学大学院 工学系研究科 電子工学専攻 博士課程修了、博士(工学)

1997年 米国・スタンフォード大学 客員助教授(日本学術振興会海外特別研究員)

2002年 東京大学大学院 情報学環 助教授

2006年 東京大学大学院 情報理工学系研究科 電子情報学専攻 助教授(現・准教授)

2013年 東京大学大学院 情報学環 教授

主要業績

詳細な業績は苗村健研究室(Publication)をご覧ください。


■研究テーマとポリシー

苗村研究室では、人間主体の情報技術パラダイムの開拓を進めてきました。ソフトウェア(信号処理・画像の認識と合成)とハードウェア(光学設計・センサ応用)の両者に基礎を置き、普遍的な理論体系を構築するとともに、システムを設計・実装していきます。さらに、その成果によってもたらされる人々の新たな「体験」を、心理実験を通じた評価やアート表現へと結びつけていきます。論文だけでなく、一般向けのデモ展示にも力を入れています。

■多人数調和型情報環境と複合現実感インタフェース

多人数が集う場におけるメディア技術として、実世界指向インタフェース、ユビキタス情報環境、複合現実感の分野で以下の研究を進めています。

(1) 可視光通信プロジェクタ: 映像に「情報を宿す」拡張現実型ユビキタス情報環境基盤(PVLC)
(2) 選択的画面共有方式(SHelective)
(3) 背面ディスプレイのタッチ操作で情報共有する共同作業環境(Round-Table Browsing, SHelective Plus)
(4) 音声の効果音による感想共有(ラジへぇ)
(5) 手描きの作業を拡張する紙インタフェース(Hand-rewriting, Inkantatory Paper)

■デジタルミュージアム展示支援とコンテンツデザイン

ミュージアムにおける科学コミュニケーション、創造性を刺激するインタラクションデザイン、感性に訴えるメディアアート表現の分野で以下の研究を進めています。

(1) 実物体(展示物)と映像を混在させる複合現実ディスプレイ(MRsionCase, FloasionTable)
(2) 来館者とミュージアムを結ぶコミュニケーション支援(MoCA, Peaflet, 呼吸する美術館)
(3) テーブル型情報環境のデザイン(EmiTable, Lumisight Table, Tablescape Plus)
(4) 3D CGにおけるアニメ誇張表現(E-IMPACT)
(5) 屋外大規模メディア(Sola-Color, Morphys)

■超臨場感コミュニケーションと映像構造化・空間理解

空間共有通信、実写CG合成、画像認識などの分野で以下の研究を進めています。

(1) 超解像的アプローチによる自由視点映像合成
(2) 裸眼立体ライブ映像システム(TransCAIP)
(3) メタリアリティ編集加工のための映像の認識と構造化(segmentation)
(4) 人物映像に特化した画像処理(Thermo-key)
(5) 生態調査のための画像認識を用いた野鳥検出

■学生諸君へのメッセージ

最近は、東京大学総長賞・情報学環長賞・情報理工学系研究科長賞などの受賞者を輩出しています。考えて・作って・魅せて・論じるのすべてをこなすには、相応の覚悟を持って楽しみながら取り組むことが必要です。受け身ではなく、自発的に切り拓く意欲ある皆さんの加入を歓迎します!