東京大学大学院 情報学環・学際情報学府 The University of Tokyo III / GSII

教員 Faculty

教授

五十嵐 健夫

Professor

IGARASHI, Takeo

LAB WEBSITE

五十嵐健夫研究室
http://www-ui.is.s.u-tokyo.ac.jp/~takeo

研究テーマ

  • コンピュータグラフィクス・ユーザインタフェース
区分:
学内兼担・授業担当教員
所属:
情報学環 及び情報理工学系研究科 (兼任)

Research Theme

  • Computer Graphics, User Interface
Position: 
Affiliated Faculty
Department: 
Interfaculty Initiative in Information Studies / Graduate School of Information Science and Technology
略歴

2000年、東京大学大学院においてユーザインタフェースに関する研究により 博士号(工学)取得。

2002年3月に東京大学大学院情報理工学研究科講師就任

2005年8月より同助教授、2011年5月より教授。

主要業績

Shengdong Zhao, Koichi Nakamura, Kentaro Ishii, and Takeo Igarashi.
Magic Cards: A Paper Tag Interface for Implicit Robot Control.
Proceedings of the ACM Conference on Human Factors in Computing Systems,
CHI2009, pp. 173-182.

Yuki Mori, Takeo Igarashi. Plushie: An Interactive Design System for
Plush Toys. ACM Transactions on Graphics (Proceedings of SIGGRAPH 2007),
vol.23, No.3, Article No.45, San Diego, USA, August 2007

Takeo Igarashi, Tomer Moscovich, John F. Hughes, “As-Rigid-As-Possible
Shape Manipulation”, ACM Transactions on Computer Graphics, Vol.24,
No.3, ACM SIGGRAPH 2005, Los Angels, USA, 2005.

Takeo Igarashi, Satoshi Matsuoka, Hidehiko Tanaka
“Teddy: A Sketching Interface for 3D Freefrom Design”,
ACM SIGGRAPH 99 ( Impact Paper )
Los Angels, August, 1999.


コンピュータグラフィクスおよびユーザインタフェースに関する研究を行っている。具体的には、初心者でも簡単に3次元モデルやアニメーションを作成できる 手法、スクロールやポインティングを効率よく行う方法、ペンコンピュータで情報を効率よく管理する方法などについて研究を行ってきた。最近は、家具や衣服 など現実世界で使うモノを一般ユーザが簡単にデザインして製作することのできるシステムや家庭用ロボットを使いこなすためのインタラクション手法などにつ いても研究をおこなっている。