東京大学大学院 情報学環・学際情報学府 The University of Tokyo III / GSII

教員 Faculty

准教授

鍾 以江

Associate Professor

ZHONG Yijiang

  • アジア情報社会コース

研究テーマ

  • 日本近現代史、宗教、ナショナリズム
  • 裏日本、日本近代における近代空間の形成、日本帝国
区分:
学内兼担・授業担当教員
  • ITASIA program

Research Theme

  • Modern Japanese history, religion, nationalism
  • “The Underside of Japan,” spatialization in modern Japan, Japanese empire
Position: 
Affiliated Faculty
略歴

2011アメリカシカゴ大学東アジア言語と文明学部 博士学位取得

2011-2013シンガポール国立大学アジア研究所ポスドクフェロー

2014より 東京大学東洋文化研究所准教授

主要業績

The Origin of Modern Shinto in Japan: the Vanquished Gods of Izumo (London: Bloomsbury Publishing, 2016)

「宗教、自由と公共性ー靖国参拝違憲訴訟を考える」 磯前純一・川村覚文 編 『他者論的転回ー宗教と公共空間』 なかにしや、2016.3、201-226.


専門は日本近現代史で、「宗教」と「ナショナリズム」といった角度から研究しています。2016年出版された単著本は、「神道」といったものが如何に政教分離の制度化を通して日本近代国家の成立を可能にしたかをめぐっての問でした。今取り掛かっているテーマは、日本近代化と日本帝国の中の「裏日本」という空間の言説の歴史です。

My research field is modern Japanese history and I look at history in relation to religion and nationalism. My first book “The Origin of Modern Shinto: The Vanquished Gods of Izumo” (Bloomsbury 2016) examined how Shinto both enabled and compromised institutionalization of church-state separation in Meiji Japan. I am currently exploring the history of space in modern Japan and East Asia under the rubric of “the underside of Japan” (ura-Nihon).