東京大学大学院 情報学環・学際情報学府 The University of Tokyo III / GSII

イベント Event

October 17, 2015

総合分析情報学コース冬季入試説明会+総合分析情報学シンポジウム

───────────────────────────────────────────
────────────────
東京大学 学際情報学府 学際情報学専攻
総合分析情報学コース冬季入試説明会
     +
総合分析情報学シンポジウム 2015
http://www.utacs.org/
───────────────────────────────────────────
────────────────
日時:2015年10月17日(土)10:00~12:00
場所:東京大学本郷キャンパス 情報学環ダイワユビキタス学術研究館
───────────────────────────────────────────
────────────────

東京大学大学院情報学環・学際情報学府 総合分析情報学コースは、IoTやビッ
グデータを利活用した情報社会時代を支える情報学「総合分析情報学」を開拓
するために2006年に設立された新しい教育研究機関です。コンピュータ・アー
キテクチャ、ソフトウェア工学などのコンピュータ・サイエンス、コンピュー
タ・ネットワークをベースとした、ユビキタス・コンピューティング、組込み
コンピュータ、ユーザーエクスピリエンス、次世代インターネット、これらの
技術によって取得された実世界や仮想世界の様々な情報をデジタルデータとし
て流通させて状況認識を行い、さらにそれを実社会で有効に活用するための高
度な情報分析手法を研究開発します。その成果はトレーサビリテイ、医薬品情
報学、空間情報認識、防災、社会資本管理、自律移動支援、ドローン、自動走
行自動車などの様々な分野に展開されます。
本シンポジウムでは、情報技術の観点と、それを応用する諸課題から見た観
点の双方から、総合分析情報学の研究状況を解説します。また、総合分析情報
学コースの冬季入試に関する説明や研究室紹介も行います。

10:00~11:00
「総合分析情報学のいま~IoT、Human-Computer Interaction、ネット
ワーク仮想化、人工知能、空間情報学、地震防災情報学、生命情報学」

登壇者:暦本純一 教授、石川徹 准教授、金子知適 准教授、中村周吾 准教授、
三宅弘恵 准教授
進行: 越塚登 教授(総合分析情報学コース長)

11:00~12:00
冬季入試説明会(修士課程・博士課程)
・募集要項に関する説明
・各研究室紹介

■場所
東京大学 本郷キャンパス(〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1)
ダイワユビキタス学術研究館 3階 ダイワハウス石橋信夫記念ホール
http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_14_04_j.html

■参加申込
氏名・所属・連絡先をご記入の上、symposium@utacs.org までメールでお申
し込みください。申込受付のお返事はいたしません(定員が超過しお断りする
時のみご連絡します)。お申し込みの際にご記入いただいた個人情報につきま
しては、本シンポジウムの参加者管理の目的以外には使用いたしません。

※ なお、お申し込みの無い方でも当日定員が超過していなければ入場できます。

■お問い合わせ先
symposium@utacs.org

───────────────────────────────────────────
────────────────
■総合分析情報学コース冬季入試について
総合分析情報学コースでは、修士課程、博士課程の冬季入試を実施します。
※ 詳細は、http://www.iii.u-tokyo.ac.jp/ をご覧ください

修士課程
募集人員:19名(夏季入試との合計)
出願受付期間:2015年12月8日~10日

博士課程
募集人員:8名(夏季入試との合計)
出願受付期間:2015年11月30日~12月3日

───────────────────────────────────────────
────────────────
■関連講演会:東京大学 情報学環ホームカミングデイ講演会
講演 「IoTのいま」
坂村 健(情報学環教授、総合分析情報学コース)
日時:2015年10月17日(土)16:50~17:20
場所:東京大学本郷キャンパス・情報学環福武ホール
http://www.iii.u-tokyo.ac.jp/news/3996
こちらもあわせてご参加ください。
───────────────────────────────────────────
─────────────────