東京大学大学院 情報学環・学際情報学府 The University of Tokyo III / GSII

イベント Event

July 2, 2015

《ネパール支援の映画「オロ」のチャリティ上映会》開催のお知らせ

学際情報学府の皆様へ

この度はネパール支援の映画「オロ」のチャリティ上映会を開催することになりましたので、以下詳細をお知らせいたします。当イベントは一般公開なので友達を誘い、ご自由にご参加いただけますと幸いです。

日時2015年7月2日(木)18:30-21:30(開場は18:15)
*上映前に今回の映画とその背景について簡単な紹介、それから上映後に参加者による意見交換の時間を設けさせていただいております。

場所東京大学本郷キャンパス 工学部2号館9階93B教室
地図:http://www.iii.u-tokyo.ac.jp/access

上映
『オロ』(2012年/カラー/108分/製作/日本/チベット語・日本語/監督 岩佐寿弥)

ゲスト:宗田勝也さん
(難民ナウ!代表、同志社大学大学院総合政策科学研究科博士後期課程修了。)
定員:70名(当日先着順)

*参加無料・申込み不要。満席となった場合、ご入場できないことがありますのでご了承ください。

主催:学際情報学府の学生有志(P782 プロジェクト (協力:UNHCR))

問い合わせ:学際情報学府 学務係 留学生支援室(メールアドレス:
gakumu@iii.u-tokyo.ac.jp)

内容
2015年4月25日、ネパールは首都カトマンスズ付近でマグニチュード7.8
の地震が発生し、9000人以上の犠牲者をもたらした。この巨大地震で浮き彫りになった問題として、戸籍登録がなく生活がより困難になっているというネパール在住のチベット難民の問題があげられる。現在、チベットからネパール経由でインドへ亡命した避難民は30万人を超えている。この映画は、ネパール経由を経由してインドに亡命した「オロ」という男の子の話を描いている。ネパールやインドに住んでいるチベット難民は厳しい環境に置かれ、極貧の生活を送っている現実はあまり知られていない。

今回のネパール地震によって山岳地域に住んでいるチベット難民は大きな被害を受けたが、救援物資が数日間届かないという状況に陥った。未だに復興が進まない状況において、チベット難民にまつわる様々な社会問題が改めて意識されるようになっている。災害は既存の社会問題を違う形で露呈させているのだ。この映画を通して災害後のみならず、災害前の被災地の社会的背景を理解するきっかけにしてもらいたいと考えている。

Dear Students of Graduate School of Interdisciplinary Information Studies,Below is an invitation to a movie screening session “Olo” on Tibetan refugees living in India and Nepal. Feel free to bring your friends along and participate for free! Please read on for more information.

Charity Event for Nepal: Movie Screening Session of “Olo” (7/2)

Date and Time: 2nd July 2015 (Thursday), 18:30 ~ 21:30 (Venue is open from 18:15) *There will be a simple introduction on the movie and the background of the movie before the screening, and a discussion among participants about the movie after the screening.

Venue: Classroom 93B, 9th Floor, Building 2, Faculty of Engineering, Hongo Campus, University of Tokyo.
Map: http://www.iii.u-tokyo.ac.jp/en/access

Movie Title: Olo 2012 / 108 minutes / Japan / Language: Tibetan with Japanese subtitles / HD / Colour / Directed by Hisaya Iwasa

Guest: Katsuya Soda Director of “Nanmin Now! (Refugees Now!)” (A FM Radio Station focusing on refugee issues)

Max. Capacity: 70 people *Participation is free and no pre-registration is required. However, please take note that you may be denied entry once we have reached maximum capacity for the venue.

Organizer: Students volunteers of Graduate School of Interdisciplinary Information Studies (P782 Project (In cooperation with UNHCR))

Inquiry: International Student Office / Academic Affairs Division, Graduate School of Interdisciplinary Information Studies (Email:
gakumu@iii.u-tokyo.ac.jp)

Details: An earthquake of magnitude 7.8 struck off Nepal’s capital Kathmandu on 25th April 2015, resulting in damage of disastrous magnitude, including the deaths of 9000 people. Several social problems resurfaced as a result of this earthquake, one of them being the issue of Tibetan refugees living in dire conditions in Nepal due to them being unregistered officially in the country. There are more than 300 thousand Tibetans seeking refuge in India through Nepal. This movie illustrates the story of a little boy named Olo who left Tibet for India, through Nepal. The reality is that not many people know about the situation of these Tibetan refugees living below the poverty line in India or Nepal as it is seldom reported in the mass media.

During this earthquake, the Tibetan refugee camps and towns in the mountainous regions were heavily hit, but relief efforts to these areas such as the delivery of emergency supplies were delayed for many days. The stagnant and sluggish post- disaster recovery in these regions brought to our attention the predicament of Tibetan refugees.
In other words, this disaster has presented to us existing social problems in a different form. This movie would provide an opportunity for us to understand and think about the social backgrounds of the disaster stricken areas and problems that already existed before the disaster.