東京大学大学院 情報学環・学際情報学府 The University of Tokyo III / GSII

学環・学府とはAbout

DNP学術電子コンテンツ研究寄付講座 DNP Academic Electronic Contents Research Project

構成機関 情報学環、大日本印刷株式会社
設置年月 平成27年11月1日 〜 平成30年10月31日
研究内容 学術書を中心とした学術コンテンツのデジタル・アーカイブ構築と教育活用の研究開発、著作者情報の集中管理と権利処理システムのプロトタイプ構築
Participating Organizations
Period of Operation
Outline of Activities

学術コンテンツの教育活用基盤の構築

DNP-kifukouza(GIF)「DNP学術電子コンテンツ研究」寄付講座は、これまで情報学環で進められてきたデジタル・アーカイブやe-learningに関する諸々の知見を踏まえ、学術的な電子コンテンツの教育・学習活用について実践的な研究開発を行います。大日本印刷株式会社からの寄付を受け、2015年11月、情報学環に開設されました。

近年、高等教育においては、教育や学習の質の向上を目指してeラーニングや学生の能動的な学習を狙ったアクティブ・ラーニングの導入が活発ですが、これら手法を効果的に推進するためには、適切な権利処理が施された良質な学術電子コンテンツの充実と拡大が必要不可欠です。

本講座では、学内各所が所蔵する学術資料(書籍、地方紙、研究資源等)はもとより学術出版社等の協力も得ながら、主に学術書・専門書を対象としたデジタル・アーカイブのプロトタイプの製作と利用実験を行います。

また、これら学術コンテンツが教育・学習に広く活用されるためには効率的かつ合理的な権利処理の仕組みも必要であり、国内において同様のテーマを検討する関連諸機関・プロジェクトと密に連携し、高等教育で望まれる適切な権利処理基盤の構築を目指した研究開発を行います。

一方、これら活動と並行して将来的なナショナル・デジタル・アーカイブ構想も見据え、本学が日本の学術系デジタル・アーカイブ構築に向けての連携的役割を果たせるよう努めます。そのために、我が国における学術以外も含めたデジタル・アーカイブ関連を推進する諸機関との連携強化も図ります。