東京大学大学院 情報学環・学際情報学府 The University of Tokyo III / GSII

学環・学府とはAbout

「アジア・グローバリゼーション・スタディズ」若手研究者育成プログラム Educational Program for Young Scholars on "Asian Globalization Studies"

構成機関 東京大学大学院情報学環
設置年月 2010年4月-2013年3月
研究内容 海外、特にアジアの諸大学や研究機関との緊密なネットワークを活用しつつ、日本人学生や若手研究者が主体となって展開する国際的研究教育活動の支援
Participating Organizations Interfaculty Initiative in Information Studies (III)
Period of Operation April 2010-
Outline of Activities This program privides support to encourage Japanese students and young researchers to engage in international research and educational activities.

アジアの諸大学や研究機関との緊密な連携を活用した「大航海プログラム(終了しました)」Building on close inter-institutional ties with universities and research institutes throughout Asia

「アジア・グローバリゼーション・スタディズ」若手研究者育成プログラムは、海外、特にアジアの諸大学や研究機関との緊密なネットワークを活用し て、学生主体の国際的な研究教育活動を推進します。日本学術振興会の「研究者海外派遣基金・組織的な若手研究者等海外派遣プログラム(通称「大航海プログラム」)」の採択を受け、2010年4月、情報学環・学際情報学府に発足しました。

アジア全域に拡がる情報通信網の発展や飛躍的な経済成長は、21世紀の世界を方向づける最も重要な動向です。その動向をカバーすべく、学際情報学府に設立された「アジア情報社会コース(ITASIA)」は、英語によるカリキュラムを編成し、英語だけで学位取得を可能にすることで、東京大学における国 際化戦略の拠点のひとつになっています。グローバル化するアジア社会への情報学的アプローチが重視されているのです。

もっとも、英語による教育活動を充実させることで、日本人学生が主役の座から降りつつある点は正直に認めなければなりません。 そればかりか、近年の日本人学生には、国際的な場に出て英語で研究発表することを躊躇する傾向も見受けられます。こうした状況を打破すべく、本事業では、 すでに確立されている海外の諸大学との連携の強化を基盤に、留学生との共同作業や、教員が推進する国際連携プロジェクトへ日本人学生を巻き込み、その意識 改革を実現させていきます。

そして、修士論文や博士論文を執筆中の日本人学生にプロポーザルを提出させて選考を行い、2か月を目処に、海外の諸大学の適当な研究者の指導やアド バイスを仰ぎながら、現地でのフィールドワークを実施させるプログラムを走らせます。

このプログラムは、以下のいずれかのプロジェクトで公募されます。

1. 国際共同プロジェクト

本プログラムの担当教員を中心に海外の諸大学・研究機関と共同で行われるプロジェクトへの参加に基づく研究です。それぞれの担当教員の指示 に従って共同研究に従事する必要があります。

2. 個人プロジェクト

個人の研究計画に基づいた海外でのフィールドワークや文献調査研究などです。申請書執筆・採択、海外渡航、事後報告と指導教員による所見の 提出といった一連のプロセスを経る必要があります。

このプログラムを利用して海外に渡航し、国際共同プロジェクトか個人プロジェクトのいずれかで、所期の目的を達成してきた日本人学生には、「アジア・グローバリゼーション・スタディズ」の単位が与えられます。

また、すでに博士号を修得した若手研究者やポスドクも、今後の キャリアアップのために、海外での研究活動を継続し、国際学会に参加して研究報告する機会が充分に与えられなければなりません。本事業では、彼/彼女らも プロポーザルを提出し、プログラム運営委員会での選考を経て、海外でのフィールドワークやポスドク・プログラム、国際会議、インターンシップなどに参加することが期待されています。

20100611-daikokaiThis program promotes international research and educational activities by students building on a close network of ties with academic institutions especially in Asia. It has been in operation since April 2010 and has been adopted by the Japan Society for the Promotion of Science (JSPS) under the “Institutional Program for Young Researcher Overseas Visits”.

One of the most important trends of the 21st century is the rapid rise of Asia, reflected in expansion of the ICT network and economic growth throughout the continent. In response to this trend, the GSII established the ITASIA program (International Master’s/Doctoral Degree Prgram: Information, Technology and Society in Asia) whose curriculum is taught entirely in English, making it a base for the internationalization strategy of the University of Tokyo. The information studies approach to globalizing Asian society is emphasized.

It has become clear, however, that the provision of education programs in English has had the unfortunate side effect of distancing Japanese students from playing a central role in the internationalization process. In recent years, Japanese students seem increasingly reluctant to participate in international conferences and present their research in English. To counteract this tendency, this program seeks to strengthen existing ties with overseas academic institutions and promote participation by Japanese students in joint activities with overseas students and international partnership projects being pursued by faculty members.

Under the program, Japanese students currently engaged in thesis/dissertation writing will be selected on the basis of proposals they submit and given approximately two-month placements at appropriately chosen overseas universities to receive research supervision or conduct fieldwork.

Two types of projects are supported by the program:

1. International Cooperative Projects

Students can apply for support under the program in order to participate in joint research projects between the III and overseas universities. This requires students to follow the directions of faculty members in charge of each international project.

2. Individual Projects

Students can also apply for support to carry out their own fieldwork or data collection projects overseas. This must follow a specific procedure involving submission of a proposal, selection, travel overseas, submission of a report afterwards, and feedback from the supervising faculty member.

Students successfully completing either type of project under the program will by awarded credit for the course unit “Asian Globalization Studies”.

Young researchers and post-doctoral students must also be given opportunities to pursue research overseas and present their research achievements at international conferences as part of their career development. It is hoped that such individuals will also avail themselves of the program’s benefits through the submission of proposals for international fieldwork, post-doctoral programs, international conferences and internships.